スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.21 (Sun)

名曲って何だろう?

usaponhansei.jpg

…今年の締めの忘年会で、ちょっとした知り合いとなんだか変な論議になっちゃいました。

「金をかけてプロデュースして、現在進行形で一番売れ勝ちしているものが最先端かつ最高の音楽であり、名曲なんだ」と知り合いがそのお気に入りアーティストのプロモを絶賛して見せてくれながら言ったんで、失礼ながらもそのアーティストのこと全然知らなかったために、じっくり拝見…。けれどその知り合いが言うほど「音使いも編曲も最先端」と言えるほど目新しいものじゃなく、むしろビジュアルで売ってるという印象を自分自身では受けたので、「ただ、ある程度後々まで記憶に残らなければいい曲とはいえないんじゃないかなあ(このままの路線でこのアーティストが行ったら、そのうち「乗り遅れ」になって飽きられるような感想を持ってしまったので)」と正直に感想述べたら、延々平行線。今思うと大人気なさすぎな議論でございました。反省;;

自分自身としては、商業路線の戦略で成功する曲の質と後々まで残っていく曲の質は別々に考えた方がいいと思っています。「名曲」は個人の嗜好によるものが大きく、さほどメジャーじゃなくても「これが好きだ!」と思えばいつまでもその人の心の中に響いてくるものだと思います。(もちろん「成功した」曲も、名曲として心に刻んでいく人は多いと思います。先に上げたアーティストの曲は私にとってはそうでないというだけで。)

趣味で聴く以外でも自分で演奏したりする音楽も千差万別で、しかも同じカテゴリの中でも凄く細かくさらに枝分かれしてたりして、そこでも「名曲」がどれかって個人の好みかなあ、と。(ちなみに別の知り合いが私同様邦楽をやっているんだけれど、江戸期からある古典曲以外認めないという主張で、昭和以降の創作は認められないんだそうな;;えーと、宮城道雄先生のはどうなるんだと…;;自分はむしろ、新曲の方がやる分には面白いし、思いもかけぬ名曲があると思います。古典でも凄くモダンな曲があるんで好みといえばそちらかなあ;;自分で弾いてどんどん曲の中にはいっていけるものが好きです。平成なってからつくられた曲も多いです、実際;;)

名曲…その知り合いにとっては、そのアーティストの曲が今のところ名曲であって、それはもう否定しません。そして昨今演歌低迷ですが、好きな人はそこから名曲をどんどん見出していくでしょうし、クラシックしか駄目!っていう人の中にも、これはお気に入りという自分自身の最高の曲ってあると思う。思い出の場所で観た映画のサウンドトラックや、物語に沿った内容を歌うアニメソングや劇伴に名曲が多いという人もいるでしょうし、その好みだって変わっていくかも。結局自分で探し出し、気に入って、ずっと記憶に残る音楽こそが「名曲」なんだろうなと思います。

…なんか纏まり悪いですが、今日は終わり;;
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : 名曲 音楽 サウンドトラック アニメソング

11:51  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.23 (Sun)

『ZONE OF THE ENDERS』。

usapontukimi.jpg

…今週あった健康診断で初バリウム飲んで以来、なんかへばっておりました。うくくくく。連休中に小曲なんとかUPするつもりです。

―そんな間に久々ウヨンタナさんの公式チェックしたら、404が出てた(泣)…と思ったら、替りに同じプロダクション所属の中から、『ZONE OF THE ENDERS』(Z.O.E)シリーズの「ANUBIS」テーマソング、超お気に入り曲の「Beyond the Bounds」のボーカルである木村真紀さんのオフィシャルを発見♪試聴できる曲も、私のもろ好みのほわりとした歌声揃いなのですが、調度ということで今は遅ればせ?ながら「Z.O.E」の方に話題を;;

最初「Beyond~」と「ANUBIS」のサントラ聴いた時には、ここまでゲームミュージックは進化したかーと感動すると同時に、「Beyond~」のエジプト神話をモチーフにした(フィンランド語を元にした)呪文めいたフレーズと民族的なメロディライン、ゲームの世界観を現す英語のサビの絶妙な組合わせに一発で惚れました。この曲は本気で名曲だと思います。
…で、ゲーム3作より先にアニメの方、シリーズ前日談にあたるOVA「IDOLO」と、ゲーム第1作「Z.O.E」と時系列がほぼ同じTVアニメの「Dolores,i」がお気に入りになってまして、そちらの音楽も大好きです。こっちもまた名曲なのが、ゲーム「Z.O.E」と「IDOLO」の共通テーマでもある伊藤真澄さんの「Kiss me sunlights」と、「Dolores,i」エンディングの「Ring on the world」(アーティストとしての名義は「Heart of Air」)。伊藤さんはアニメ2作のサントラも「七瀬光」名義で手がけていらっしゃいますが、ダイナミックで衒いのないスコアが好きだ~~♪(特にお気に入りは、「Dolores,i」の予告で使われる「華麗なる飛行」。スピード感いっぱいで軽やかな音と時々入る女性コーラスがOFドロレスのイメージぴったりで可愛い♪サントラvol.1収録。ゲームの方でお気に入りなのは「ANUBIS」のアージェイトのテーマかな。テンポ良く起伏に富んでて、「後半こう来るか!」という意外性がなんとも心地よい曲。)

Z.O.E」シリーズには「Ring on the world」を聴いて、例の如く「音楽からハマった」という感じですが、曲といいストーリーといいメカニックデザインといい、今までで最高にハマったゲーム&アニメの1つなんじゃなかろうか、というくらい。サンライズの近作…といってももう7年前のものになっちゃいますが、特に「IDOLO」は作画にも演出・構成にも思い切り力入ってます。ラストシーンがゲーム「Z.O.E」冒頭に繋がってエンドロールで「Kiss me~」が流れるところは物語の流れ知ってる人には最強の演出。そして「Dolores,i」の後半は「IDOLO」観ないと意味が解らない、というか解決しない仕組みなんで、できればセットで観て下さい。

…とはいっても…メディアとしては、CD・ゲーム・DVD共に段々入手困難になってるのが現状(汗。ゲームのテーマ集めたCDに恐ろしいプレミアついてたのでびっくりした;;)…とりあえず「IDOLO」と「Dolores,i」まとめてBOX化してくれないだろーか…。
※ついでながら、Z.O.E関連お勧め情報サイト→「ZOE私設応援隊」様。

余談。OFのお気に入りだと…ジェフティのカッコよさもアヌビスの強力無比さもハトールの怖さ+悲劇性もイドロの流石元祖のデザインも、どれもこれも捨てがたいんですけど…

結論。やっぱりドロレスお嬢ちゃんでしょう、 ジェイムズおぢさま込みで(断言)。

テーマ : アニソン - ジャンル : 音楽

タグ : ゲームミュージック アニメソング サントラ Z.O.E

09:58  |  音楽鑑賞&感想・アニソン&アニメ/ゲームサントラ等  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.05 (Wed)

ヒトに歴史、1つの幕?…(涙)

usapongimon.jpg

最初、「小室哲哉」という名前を知ったのは、アニメ版City Hunter第一期エンディングの「Get Wild」、
TM NETWORKの存在を知るのと同時のことだったりします。(思えばこのころかな、売れ筋もしくは売り出し中アーティストの曲+アニメのタイアップが始まったのって。City Hunter2のオープニング、PSY・Sの「Angel Night」が大好きだった…そう言えばアニメ版City Hunter、ラストのシーンあたりからエンディングのイントロが流れ出して歌へ→本編終わり、エンディングロールへという演出も好きだった。)なので自分的にはわりと聴いてたころの小室哲哉TMNアニメソングの印象があったりします。けど、初期~全盛期のTMN系列の曲、アニメソングじゃ無くても結構好きだったり。
小室氏単独の曲も含め、TM(TMN)は…バンドブームと重なる頃のアニメソングでもいいもの作ってるよなあ、としみじみ…。
今、思いつく限りでも。

・「Your Song」(OVA吸血鬼ハンターD テーマ/サントラも。)
・「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア テーマ)
・「Get Wild」「STILL LOVE HER(失われた風景)」 「RUNNING TO HORIZON 」
(いずれも「City Hunter」シリーズ・「RUNNING~」が小室氏単独。)
・「JUST ONE VICTORY 」(CAROL テーマ 原作はTMNメンバーの木根氏。)
etc,etc。「吸血鬼ハンターD」のサントラは今もたまに聴いてます。サントラの中でも「Dのテーマ」のメロディラインは素敵です。

そういえばTMN系列、いつからあんまり聴かなくなったんだっけと思い返すと小室氏が他アーティストのプロデュースも手がけ単独で前面に出るようになって、なんか他アーティストの曲でも同じようなの増えたなあ、とはっきり思ったころからかなあ…

…次にカラオケ行ったらアニメソングじゃなくても、TMNの曲歌いまくるかもしれない。
流石に衝撃な逮捕劇でした。ヒトに歴史あり、再起して欲しいとは思うけれど…。

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : アニソン アニメソング 小室哲哉 TMN

00:57  |  音楽鑑賞&感想・アニソン&アニメ/ゲームサントラ等  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.17 (Sun)

フォルクローレ事始め、それはアニソン??

usapongimon.jpg
前回の記事で久々フォルクローレのこと書いたので、学生当時サークルの面子で「なんでフォルクローレやラテンアメリカが好きになったか、興味を持ったか?」ということを自己紹介なり与太話の中で話し合った時、ある共通の三つのアニメーションとそのテーマ曲の名前が出てくることが多かったと思い出したのでご紹介。
「「アンデス少年ペペロの冒険」、内容もアンデスを舞台にした冒険物語で大好きだったけど、OPの出だしが『コンドルは飛んでいく』そっくりで・・・」
「「母をたずねて三千里」のOP『草原のマルコ』がもろにフォルクローレで、行った先南米だったし・・・」
「「太陽の子エステバン」、ムー・インカ・マヤとか出てくるし、歴史上の実在人物まで出るし、番組終わりの実写コーナーでその日の内容と関係ある遺跡めぐりでもろ興味持った」
で、決まって皆で「みんな経てきた道は同じだ!」とか言い合ったり、「そんなんで転ぶなよ~」とか囃したりするのでありました;;
思い返すとどれも曲・詞・アレンジ・歌ともに非常にスグレモノですので、ちょっと紹介してみます。

アンデス少年ペペロの冒険(1975~76放送。うちの県はリアルタイム放送あったかな?私は再放送で、かなり後年になってから見ています;;)
・OP:「ペペロの冒険」歌:堀江美都子
・ED:「風よつたえて」歌:堀江美都子・ムーンドロップス
作詞:楳図かずお、作曲:山下毅雄、編曲:筒井広志
堀江美都子女史の歌声は今尚衰えないですが、このテーマ曲もテンポ良く、伸びやかに歌われています。作詞はあの漫画家の梅図かずお氏ご本人、お兄様が番組構成に携わっていらっしゃったのが縁とのこと。エルドラド(「エステバン」でも目的地となるインカ伝説の黄金都市)目指して一緒に旅するヒロインの名前が「ケーナ」(しかも「シーク(サンポーニャ)」を吹く!)だったりするのだ。


母をたずねて三千里(1976放送。かの世界名作劇場枠なので、ご存知の方も多いはず。)
・原作:エドモンド・デ・アミーチス「クオーレ」(Cuore)より「Dagli Appennini alle Ande」(アペニン山脈からアンデス山脈まで)
・ OP「草原のマルコ」歌:大杉久美子、作詞:深沢一夫、作曲・編曲:坂田晃一
・ ED「かあさんおはよう」歌:大杉久美子、作詞:高畑勲、作曲:坂田晃一、編曲:小六禮次郎
・・・改めて確認したら、とにかくスタッフが凄過ぎ。どれだけ凄いかはwikipediaとかを見ていただいたほうが早い;;大杉久美子さんもアニメソングの大御所。


太陽の子エステバン(1982~83放送。私がリアルタイム放送で見たのはこの作品だけなんで、ラテンアメリカの遺跡・文化にハマるきっかけはこのアニメだったかも)
・原作:スコット・オディール「黄金の七つの都市」(※但し設定枠組みを借りたのみ)
・OP:「冒険者たち」  ED:「いつかどこかであなたに会った」 
・挿入歌:「黄金のコンドル」「それぞれのユートピア」
歌:Pal(パル) 作詞:阿久悠 作曲:大野克夫 編曲:佐藤準(4曲共通)
…何気に作詞作曲の布陣も強烈ですね。子供の頃は全く意識してなかったけれど;;
小学生の時、親を拝み倒して買ってもらった初めてのレコードが実はこのアニメのだったりします。
これだけテーマ曲の曲調が完全にポップスなのですが、個人的には3番組のテーマの中で一番つよく印象に残ってます。越部信義氏によるサウンドトラックもフォルクローレ調のもの-本当にケーナチャランゴフォルクローレと同じ楽器構成の曲があったり、歴史・遺跡の謎を思わせる神秘的な音とフレーズが使われていて、素晴らしかった。そういえばパルのボーカルの新井正人氏が数年後ソロになって「機動戦士ガンダムZZ」の前期OPである異色曲「アニメじゃない」を熱唱なさってたのにはビックリした覚えが・・・;;

こんな風に子供のころ好きだったアニメが、ある程度年数たっての趣味・嗜好とかに影響してくることってありませんか?

テーマ : アニソン・キャラソン - ジャンル : 音楽

タグ : 太陽の子エステバン アンデス少年ペペロの冒険 母をたずねて三千里 フォルクローレ アニメソング ケーナ チャランゴ

14:22  |  音楽鑑賞&感想・アニソン&アニメ/ゲームサントラ等  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。