スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.15 (Fri)

サイモン&ガーファンクル来日で徒然。

usapontukimi.jpg

噂には聞いていましたが、サイモン&ガーファンクルの7月来日公演が決定だそうですね。
(以前にはガーファンクルの「お茶目」で中止だったみたいなので、今度はどうなるのかしらと余計な心配もしつつ;;;)
さて、このユニットの有名曲と言ったら「スカボロー・フェア」が挙げられますが、自分的には洗練されたS&Gバージョンもいいけど、こっちとかこっちのエントリで書いたものなど是非お勧めしたいのでございます。日本人だと吉野裕司氏プロデュースのユニット「Vita Nova」のアルバム「ancient flowers」収録の上野洋子&本間哲子バージョンもお気に入りです。(Vita Novaなどの情報配信、Studio Ramのオフィシャルサイトはこちら。アルバム毎に参加アーティストは変わるけど、いつもいつも超豪華。)

それでもって、「コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)」をやっぱりサイモン&ガーファンクルで知った方も多いのではないかと。但し「コンドルは飛んでいく」自体が1900年代初頭のオペレッタ曲で、変遷辿ってやはりサイモン&ガーファンクルでメジャー化した向きがあり、それ以前にもいろんなフォルクローレのグループが演奏・音源化しています。その辺の経緯はwikiの方が解り易く見ることができます(S&Gのも含めてもう枚挙に暇の無い数の音源があるので、「コンドルは飛んでいく」だけ集めたテープ作って遊んだことあったな。バージョンありすぎで飽きないです(笑)wikiに引用されているロス・インカスの音源はキオスクなんかのお得価格民族音楽コーナーによく置いてあったりするので、結構お聴きになった人、多いと思います)。

なんか書いてるうちにちっともサイモン&ガーファンクルのことじゃなくなってしまいましたが、私は取り合えず、メジャーどころでSounds of Silenceを推しときます。ポール・サイモンが再結成が(年齢的なことなどで)最後になりそうとも示唆しているとのことなので、来日公演いける方、是非楽しんで来てくださいませ♪
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : サイモン&ガーファンクル スカボロー・フェア フォルクローレ コンドルは飛んでいく 上野洋子

20:17  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。