スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.31 (Fri)

今年聴いたCDから・2~国内アーティスト・サントラなどなど編

それでは昨日のうちに書けなかった今年リピートして聴いたCDのうち、国内のアーティストやサウンドトラックなどなど(要するにワールドミュージック系統以外)のものなぞご紹介いたします。これ見ると今のuminekoの趣味がだいたいわかるかも・・・。またまた新旧ごった煮です。

サントラ総合:「栗コーダーカルテット アンソロジー(栗コーダーカルテットのベスト的作品集)」「草の乱(同名映画サウンドトラック/Deep Forest)」「空ノ色(ミュージカル「空色勾玉」サウンドトラック/zabadak)「風の丘を越えて 西便制 オリジナルサウンドトラック(同名映画サウンドトラック/オ・ジョンへ他)」「歴史秘話ヒストリア オリジナルサウンドトラック(NHKの同名番組サントラ/梶浦由記)」
※Deep Forestは新情報少ない・・・しくしく。

・アニメーションのサントラ等:「忘却の旋律オリジナルサウンドトラック(桑野聖+周防義和)」「noein original soundtrack1&2(七瀬光)」「蟲音 前(「蟲師」オリジナルサウンドトラック/増田俊郎)」「ハネノネ(「灰羽連盟」オリジナルサウンドトラック)」「天馬の血族音楽絵巻(コミック「天馬の血族」ドラマCDサントラ盤/上野洋子・伊藤真澄他)」「シャーマニックプリンセス OST1・2(周防義和)」
※アニメといって馬鹿にするのは間違いなのですっ。「天馬の血族」はスタッフが無茶豪華です。これで上野+伊藤のデュエットの良さを知ったなあ。

・邦楽系(日本系ワールド)昨日のつけたし:「BETWEEN the LINES(17弦筝・筝によるオリジナルポップス/川村昌子)」「沢村忠夫 筝作品集3(同アーティストのオリジナル筝曲作品集)」
※新曲も良いものが多いです。川村さんのは廃盤なのが残念。初心者の方にお勧めなんだけど・・・。

・インスト・ヒーリング:「東方弦聞録 Fiddler's Philosophy(桑野聖オリジナルアルバム)」「Nature-relaxation japan-/Nature2-japanese FEMALE ARTIST-(宗次郎・白鳥英美子・溝口肇・タブラトゥーラ他) 」
※ここまで書いてて改めて周防義和・伊藤真澄(七瀬光)率の高さに気がついた;「東方~」は周防氏プロデュース、「Nature」にはどっちも伊藤氏が「Heart of air」名義で参加してます。

・POPS系:「平行世界/signal(zabadak)」「CARPE DIEM (tomo the tomo carpe diem)」「イーラ・オブ・クイーンズ(origa)」「変弦自在/SWICHED-ON LOTUS(平沢進)」「Harmonies of heaven(伊藤真澄)」
origa、「攻殻機動隊」で歌ったやつをまとめてアルバムにできないかしら;;師匠の「SWICHED ON~」は追悼アルバムで、とっつきにくい向きはあるけど、ファンなら聴かないと損な名盤です。

・番外編 「スネークマン・ショー」
今聴いても結構面白い♪リアルタイムは凄く盛り上がったんだろうな。

このほかにもまだまだ聴いたり動画チェックしたりしたんだけど、この辺で終わり。来年もいっぱい聴くぞ。

それでは、どうぞ良いお年をお迎えください♪

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ワールドミュージック サウンドトラック サントラ BGM

11:14  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.22 (Wed)

「千年女優」サウンドトラック。

usapontensi.jpg

アニメーション映画「千年女優」のサウンドトラック今敏監督作品・2002年公開)ですが、一応映画ということで映画サウンドトラックとして紹介などを。ストーリーなどはwikiが詳しいですが、海外の方が評価高そうな・・・。

そのwikiにもありますが、一応概略。
☆30年前に銀幕から突如姿を消し、山荘でお手伝い一人のみとひっそり暮らしていた伝説の大女優・藤原千代子。映像製作会社「ロータス」の社長で千代子の大ファンでもある立花は、今までほとんど不可能だった千代子へのインタビューに成功し、カメラマンの井田と共に千代子のもとへ訪れる。そこで立花は千代子に、取り壊しの最中にある映画撮影所から見つけた古びた鍵を渡す。その鍵こそ、千代子の記憶の扉を開ける鍵-閉ざされていた過去への追憶と想い・隠された謎が明かされ、現実と映画の世界・過去と未来が錯綜し、輪廻と永遠へと続く千代子の語りが始まった。

今監督がサントラ・テーマ曲担当の平沢進師匠のアルバム「Sim City」収録の名曲「Lotus」に着想して製作の原動力としたという本作ですが、実は最近DVDで鑑賞したばかり;;けど鑑賞後即、気に入りました。いやあ、私的には久々ヒットのアニメーションです(といっても公開7年前だけど;;)公開当時物議をかもしたという千代子の最後のセリフも、永遠の存在となり行く千代子の最後にして「あらたな始まり」のセリフとして違和感感じなかった(例え下手ですけど、美空ひばりが「不死鳥」となったのと同じような印象が。千代子がなんといったかは検索すれば割と出てくると思いますが、あの言葉に納得したら「やられた!」の世界で、最後に「ロタティオン」が流れ終わるまで席立てないんじゃないかな)し、何といっても絵が美しく声優さんも実力派が熱演、一時間半の話のまとめかたも冗長じゃなくて良かった。立花さんは「銀幕の憧れの君」に惚れ込んだファンの象徴というとこでしょうか?いや、映画シーンになるたびに影から千代子さん助ける役者になりきってる社長さん、大好き。井田君の突っ込みもはからずも要所を締めるポイントだったりして。
…ただ、今風のアニメのファンむけじゃなくて、(実写の日本)映画好きの人向けな印象があります。というわけで映画ファンの方、アニメと馬鹿にせずに、できるだけ大きな画面で一度どうぞ。DVD発売中。

さてサントラの方ですが、こっちも平沢師匠のファンの御方、「(おたくな)アニメの仕事だから」という先入観はちょいと置いといて、聴いて損はないと思います。初期のアニメサントラの仕事でちょっと試行錯誤の感(失礼!)もある「デトネイター・オーガン」etcはさておき、また同じく今敏監督で平沢氏音楽の「パプリカ」サントラがいい曲揃いだけどほんのちょっとまとまりに欠けてる(「パレード」の歌バージョンとインストバージョン、どっちもフルで入れる必要あったのかな;;)印象があるのに対して、「千年女優」は既発表曲もうまく使い(※「ロタティオン」が収録された平沢師匠の「賢者のプロペラ」を併せて聴くのがお勧めです。何か発見があるかも)、テーマ曲のメロディをモチーフにアレンジした曲が巧い具合に配されてバランスが良く、ラストでそのテーマ曲である「ロタティオン-Lotus2」が正にこの映画における「千代子という永遠の女優を歌いあげるうた」として出てきて、「終わりと始まり」を印象づかせてくれます。

個人的に好きなトラックはMODE-1から3まである「千代子のテーマ」のうち、千代子の語りが始まるタイトルバックで流れるMODE-1。ロタティオンのモチーフの中に見える出生~少女時代の希望と喜びを含んだ印象がお気に入りです。それから幕末、鞍馬天狗や新撰組が闊歩する時代から浮世絵風のバックを経てモダンな近代の町並み、桜並木の美しい情景の中を一気に時代を駆け抜けていく疾走感溢れる「RUN」。あれはあの曲あってのあのシーン、あのシーンあってのあの曲、絶妙でした。

「ロタティオン-Lotus2」単体は平沢氏の他のアルバムにも収録されていますが、このサントラできけるインストのアレンジもクオリティ高いので、平沢ファンもサントラ好きさんもどうぞ。元祖ともいえる「ロータス」と一緒に聴いてみるのも一興です。

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : サウンドトラック サントラ 平沢進 今敏

11:37  |  音楽鑑賞&感想・映画サウンドトラックなど  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

映画版「鴨川ホルモー」オリジナルサウンドトラック。

kamogawa.jpg

知り合いが今回映画化・公開中の「鴨川ホルモー」原作者の万城目学氏のファンでして、小説どう?とお勧めしてくれたのですが、取り合えず周防義和氏が音楽担当ってだけで買ってしまったサントラのご紹介でも。写真の左側がライナー裏側、右側がケース裏(何故にアビーロード・・・。)まずは映画の概略。
☆二浪でサエない・モテない京大生の安倍(山田孝之)は、「京大青竜会」なる怪しすぎなサークルの新歓コンパで出会った早良(芦名星)に一目惚れ、うっかり入会してしまう。怪しいサークルだけあって、そこに集う面々も一風変わった奴等(栗山千明・濱田岳・石田卓也・斉藤祥太・斉藤慶太)ばかり。そして安倍は部長の菅原(荒川良々)から、「青竜会」は実は「オニ」を操り戦わせる競技「ホルモー」を行なうサークルであると告げられて、最初はうそ臭いと思いつつも京都を揺るがす恐るべき「ホルモー」の秘密に巻き込まれていく・・・。

監督は本木克英氏で、周防サウンドとは「釣りバカ日誌イレブン」「ドラッグストア・ガール」、舞台「獅童流 森の石松」などで組んでいます。(映画、アメリカ版も決まったんだっけ?)小説版と異なるオリジナルキャラクターも結構いるらしいので、それも賛否の分かれどころかも。映画の雰囲気・・・ジャケット通りなんでしょうね、やっぱり。

今回のサントラはとにかく自由奔放な周防氏のパターンが総出の「てんこもり」みたいな感じ。全体のテーマである「オリジナルな和」の情感は「劇場版Air」を思い出させ、ちょこっとお洒落、でもどこかユーモラスなフレーズは「Shall we ダンス?」のころから健在で、どの作品でも大抵組んでいる桑野聖ストリングスを中心としたオーケストレーションも「東方弦聞録」などで聴かせてくれる通りのいつもながらのお見事さ、時折顔を覗かせる怪しく深い感じのフレーズは「シャーマニックプリンセス」(これが周防氏の最初のアニメ作品になるのかな?)の時期の曲を彷彿とさせ、アコースティックな音使いの曲は「それでもボクはやってない」やオリジナルアルバム「弦異抄」に通底し・・・なのですが、全体的にポップでループ的なサウンドでまとめられていて、あまり肩の力がいらず聴き易かったです。何よりこれ、作ってる人が一番楽しんでるだろ(周防氏自ら三線弾いてる曲もあったりする)とか思ったり。

※amazonのこのCDのページで各曲試聴可能になっています。ご参考までに。

そんなわけで、原作ファンの方にも、こっちのサントラはお勧め。結構原作イメージで聴くことはできるんじゃないかなと。読書のBGMにするのにも、あんまり邪魔な音使いが無いと思います。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : サウンドトラック サントラ 鴨川ホルモー 周防義和 本木克英 万城目学

13:38  |  音楽鑑賞&感想・映画サウンドトラックなど  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.11 (Wed)

無い休みに聴く音楽…。

usapongimon.jpg

前回から10日も空きまして、引越し手続きやら各種申告やら、足りない部分もどばどば出てきておおわらわな毎日です。新曲はもちろん棚上げ、仕事関係のレスがやっとです。済みません~~;;(3月アタマから個人・学校での使用のご連絡くれた皆様、ご使用全部OKなケースでした。えーと、連絡無しでOKな方ばかりなのでお返事は申し訳ありませんがご容赦の程を;;あと演劇でクレジット載せられないという場合、曲名かファイル名教えていただければ幸いです;;)

それで本題、今は昼ご飯仕度前で何とか時間とってますが、ご飯終わったらまた書類かきかきです。えーん;;そんな家に缶詰状態でも耳が寂しいからせめて音楽聴くくらいはしたい。けど、あんまり聴き込んだりエキサイトするようでは仕事に支障。
で、ただ今聴いているのが、

周防義和氏の2ndオリジナルアルバム「弦異抄」

・・・・・ではなくて、そのオフィシャル通販特典の、氏が1983年~2005年まで手がけたCM音源集を集めたCD(作曲のみならず編曲ものも含む)。名前(クレジット)の出てないところでも相当な仕事人ぶり。あれもこれも手がけられてたのかあ、とジャケットに列挙のCMタイトル見つつ、周防節ファンならイージーリスニング的にも聴ける隠れたスグレモノと思う次第でございます。「味の素のほんだし」(98~2005)とか、トヨタの編曲モノとか、ずらりなラインナップ。何故わざわざCM音楽集かというと、曲の傾向が比較的一定してるし、何より個々のアルバム…「弦異抄」もプロデュースアルバムの「東方弦聞録」も映画やアニメのサントラも、聴き入っちゃうのよ、思わず。仕事になりません;;…そんな周防作品中、かろうじてサントラ系で1番イージーリスニング的に聴けるのは個人的には「劇場版Air」。作品観てないけど;;(ただ「玄ノ轂ハ語ル(おくのこしきはかたる)」と編曲担当の「鳥の詩~鳥人伝説」は、やっぱり聴き入っちゃうので飛ばします;;→劇場版Air、ストーリーにも「原作にはない」音楽・編曲版にも賛否あるみたいだけど、音盤お聴きの際には原作オリジナルの楽曲の編曲版をプラスして(原作版と異なるtことには目をつぶる…というかそれはそれとして楽しんで)、ストーリーと音盤切り離して楽しんだほうがよかろうかと思いまする。)

…ヒマになったらぶっくおふでやっとこ手に入れた「奇跡の人」サントラ聴くんだい。

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : 作曲 音楽 サウンドトラック サントラ BGM

12:05  |  音楽素材(MP3/効果音素材)の話。  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

平沢進鑑賞記・1.

usapontukimi.jpg

(2/15 元々「ちょっと宣伝~」と同じエントリだったんですが、再編集したら長くなったので分けて書きます;;)

さて、風邪こじらせてブログサボってる間に何してたかと申しますと、家の仕事とか知人に頼まれたパソ仕事とか春からどんな犬飼うか家族と相談・激論や(やっと念願の犬を飼えることにっ♪)作曲をちまちまとか(1曲も出来てないし…)それから平沢進師匠にハマっておりました。ただ今「千年女優」のエンディング「ロタティオン」とアルバム「白虎野」、リピートしとります。あ、「カムイ・ミンタラ」も好き(そしたら以前の記事でヒカシューの巻上公一大先生のことも持ち上げてたのを読んだ友人に「ちょっとお前の頭の中見せてみろ」と言われた。けど「P-MODEL」のアルバム貸して私を平沢楽曲にハマらせたのもこの友人だ;;)。

平沢進氏についてあまりディープに知らない、というアニメソングファンでも「剣風伝奇ベルセルク」挿入歌として使われた「Forces」(アルバム「オーロラ」収録の「舵を取れ」リメイク曲)のカッコよさは記憶に残っている方も多いのでは。ベルセルクのゲーム版サントラやテーマの担当されておられます。
あと、wikipediaの項目なんかに詳しいですが、98年以降の曲は著作権管理団体に委託してないんで(そうした団体のやり方に反発して)直接オフィシャルサイトでアルバムやmp3をDL販売、さらに現在アウトテイク曲やらこれから発売のアルバムからセレクトして無料DLも可能という大判振る舞いは凄い。

まず一聴、「これ、なんだ?」と首を捻ってしまう歌詞もメロディも音使いも、二度三度と聴いていくうちに音の洪水にハマり、メロディラインにハマり、そして歌詞を追いかけ自分もパラレルな音楽空間にはまっちゃう。そんな一癖二癖どころじゃない平沢音楽ですが、個人的お気に入り曲感想は次にでもご紹介。
とりあえず入門編としてはアルバム「映像のための音楽平沢進サウンドトラックの世界」をお勧め致します。収録曲は以下の通り。
1:デトネイター・オーガン(同名OVA作品テーマ曲)
2:カムイ・ミンタラ(カムイ・ミンタラ~嶋田忠・森のメッセージ)
3:ロタティオン(LOTUS-2)(劇場用アニメ「千年女優」エンディングテーマ)
4:NATION-F(未発表曲。発売中止になったゲームのテーマ)
5:INDRA(ゲーム「ベルセルク」千年帝国の鷹編 喪失花の章 サウンドトラック)
6:夢の島思念公園(アニメ「妄想代理人」オープニングテーマ)
7:Sign(ゲーム「ベルセルク」千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章 サウンドトラック)
8:白虎野の娘(劇場用アニメーション「パプリカ」エンディングテーマ)

というわけでオフィシャルサイトはこちらです。もう曲の管理権限がアーティスト本人のところにあるという自由さで、動画サイト等であまり著作権を気にすることなくUPして共有する事もできている稀有なケースですが(その辺の規約についてはオフィシャルに書いてあります)、参考までにどうぞ。

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : 平沢進 音楽 P-MODEL サウンドトラック

13:34  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.21 (Sun)

名曲って何だろう?

usaponhansei.jpg

…今年の締めの忘年会で、ちょっとした知り合いとなんだか変な論議になっちゃいました。

「金をかけてプロデュースして、現在進行形で一番売れ勝ちしているものが最先端かつ最高の音楽であり、名曲なんだ」と知り合いがそのお気に入りアーティストのプロモを絶賛して見せてくれながら言ったんで、失礼ながらもそのアーティストのこと全然知らなかったために、じっくり拝見…。けれどその知り合いが言うほど「音使いも編曲も最先端」と言えるほど目新しいものじゃなく、むしろビジュアルで売ってるという印象を自分自身では受けたので、「ただ、ある程度後々まで記憶に残らなければいい曲とはいえないんじゃないかなあ(このままの路線でこのアーティストが行ったら、そのうち「乗り遅れ」になって飽きられるような感想を持ってしまったので)」と正直に感想述べたら、延々平行線。今思うと大人気なさすぎな議論でございました。反省;;

自分自身としては、商業路線の戦略で成功する曲の質と後々まで残っていく曲の質は別々に考えた方がいいと思っています。「名曲」は個人の嗜好によるものが大きく、さほどメジャーじゃなくても「これが好きだ!」と思えばいつまでもその人の心の中に響いてくるものだと思います。(もちろん「成功した」曲も、名曲として心に刻んでいく人は多いと思います。先に上げたアーティストの曲は私にとってはそうでないというだけで。)

趣味で聴く以外でも自分で演奏したりする音楽も千差万別で、しかも同じカテゴリの中でも凄く細かくさらに枝分かれしてたりして、そこでも「名曲」がどれかって個人の好みかなあ、と。(ちなみに別の知り合いが私同様邦楽をやっているんだけれど、江戸期からある古典曲以外認めないという主張で、昭和以降の創作は認められないんだそうな;;えーと、宮城道雄先生のはどうなるんだと…;;自分はむしろ、新曲の方がやる分には面白いし、思いもかけぬ名曲があると思います。古典でも凄くモダンな曲があるんで好みといえばそちらかなあ;;自分で弾いてどんどん曲の中にはいっていけるものが好きです。平成なってからつくられた曲も多いです、実際;;)

名曲…その知り合いにとっては、そのアーティストの曲が今のところ名曲であって、それはもう否定しません。そして昨今演歌低迷ですが、好きな人はそこから名曲をどんどん見出していくでしょうし、クラシックしか駄目!っていう人の中にも、これはお気に入りという自分自身の最高の曲ってあると思う。思い出の場所で観た映画のサウンドトラックや、物語に沿った内容を歌うアニメソングや劇伴に名曲が多いという人もいるでしょうし、その好みだって変わっていくかも。結局自分で探し出し、気に入って、ずっと記憶に残る音楽こそが「名曲」なんだろうなと思います。

…なんか纏まり悪いですが、今日は終わり;;

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : 名曲 音楽 サウンドトラック アニメソング

11:51  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。