スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.15 (Fri)

サイモン&ガーファンクル来日で徒然。

usapontukimi.jpg

噂には聞いていましたが、サイモン&ガーファンクルの7月来日公演が決定だそうですね。
(以前にはガーファンクルの「お茶目」で中止だったみたいなので、今度はどうなるのかしらと余計な心配もしつつ;;;)
さて、このユニットの有名曲と言ったら「スカボロー・フェア」が挙げられますが、自分的には洗練されたS&Gバージョンもいいけど、こっちとかこっちのエントリで書いたものなど是非お勧めしたいのでございます。日本人だと吉野裕司氏プロデュースのユニット「Vita Nova」のアルバム「ancient flowers」収録の上野洋子&本間哲子バージョンもお気に入りです。(Vita Novaなどの情報配信、Studio Ramのオフィシャルサイトはこちら。アルバム毎に参加アーティストは変わるけど、いつもいつも超豪華。)

それでもって、「コンドルは飛んでいく(El Cóndor Pasa)」をやっぱりサイモン&ガーファンクルで知った方も多いのではないかと。但し「コンドルは飛んでいく」自体が1900年代初頭のオペレッタ曲で、変遷辿ってやはりサイモン&ガーファンクルでメジャー化した向きがあり、それ以前にもいろんなフォルクローレのグループが演奏・音源化しています。その辺の経緯はwikiの方が解り易く見ることができます(S&Gのも含めてもう枚挙に暇の無い数の音源があるので、「コンドルは飛んでいく」だけ集めたテープ作って遊んだことあったな。バージョンありすぎで飽きないです(笑)wikiに引用されているロス・インカスの音源はキオスクなんかのお得価格民族音楽コーナーによく置いてあったりするので、結構お聴きになった人、多いと思います)。

なんか書いてるうちにちっともサイモン&ガーファンクルのことじゃなくなってしまいましたが、私は取り合えず、メジャーどころでSounds of Silenceを推しときます。ポール・サイモンが再結成が(年齢的なことなどで)最後になりそうとも示唆しているとのことなので、来日公演いける方、是非楽しんで来てくださいませ♪
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : サイモン&ガーファンクル スカボロー・フェア フォルクローレ コンドルは飛んでいく 上野洋子

20:17  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.28 (Sun)

拍手御礼♪…UPできてないにもかかわらず;;

usapondarudaru.jpg

うう、今週UPする予定だったフリー素材音楽素材2曲、まだ納得いかなくてできてませんがな;;もう一息、もう一息です!…なんて、選挙戦最終日みたいなことをボヤいてみる。嗚呼、本当に御免なさい;;

ところで、8月中の記事であるにもかかわらず、マーティン・カーシーについてのエントリ「年経て深まる歌」と、「馬の名前と音楽」その他の記事に、今週に入って新たに拍手有難う御座います♪本当にイングランドのトラッドを知るにはとっても良いのでソロ一枚目の「マーティン・カーシー」(マーティン版スカボロー・フェアもちゃんと入ってますよ♪)は興味あったら是非是非聴いてみてくださいませ♪

(※閑話休題、「馬の名前~」記事で補足すると、あの記事で書いたイザベルさんのライバル・北京オリンピック馬術で金メダルとったアンキーさんのパートナー馬サリネロのお父さん馬の名前は「サリエリ」で、もう一頭の馬の名前は「ペインティッド・ブラック」…;;)

昨日はスポーツ&芸術の秋モードでした。昨日のよしなし日記は次の記事にて。

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : 音楽 フリー素材 音楽素材 スカボロー・フェア

14:43  |  ご感想・拍手へのお返事。  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.27 (Wed)

年経て深まる歌。

usaponteretere.jpg

ついにこっちにも公式系bookmarkのコーナー作っちゃいました。真っ先に乗っけたのが、こないだ見つけたMartin Carthy(マーティン・カーシー)とそのファミリー、他の音楽仲間とのユニットなどなどの各種活動を網羅したオフィシャル・サイトです。最初にエントリ書いた8/6からますますハマってしまっています。
オフィシャルなんで当然全部英文ですが比較的平易だし、何よりyoutubeにアップした最近のライブ活動が見られるのが嬉しいです。・・・このオフィシャルサイト発見前にも、1965年録音の1stソロアルバム聴いてハマった後、欧米のファンの皆様がアップした動画など鑑賞しておりましたが、1st出した若かりしころと比べて遜色ない・・・というか、当時のような若さという艶はなくても、それを凌ぐ魅力があります。ずっと歌い、弾いて来たのが年経て熟成し、ますます深まった印象の歌声に、アーティストとしての歴史を感じました。年輪を少しずつ刻んで、揺るがぬ幹を作り枝を大きく広げて伸びつづける大樹のような感じの魅力に今ではすっかり魅了されております。(youtubeでMartin Carthyのワードを入れると結構出てくるです。庭でギターの弾き語りをしているのがお気に入り。ギターワークと歌の教室的なフィルムまでありました;;)
あんまり日本で知られてない人なので、ハマっちゃったものとしては動画をまずは一見オススメ致します。ファミリーでのユニット・仲間達とのセッションも良いですよ。

マーティン・カーシー/物知らずな私が8月6日のエントリで、「スカボロー・フェア」の4つのハーブのフレーズについて調べてて行き当たった、ブリティッシュフォーク、トラッドの超大御所。元々英民謡であった「スカボロー・フェア」を自身でアレンジしたものを渡英してきたポール・サイモンとボブ・ディランに教えて、そこからさらにアレンジされそれぞれヒットしたのが、サイモンとガーファンクル版の「スカボロー・フェア」と、ボブ・ディランの「北国の少女」。)
念のため、公式サイトはこちらです。

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : マーティン・カーシー フォーク 民謡 スカボロー・フェア ブリティッシュ ワールドミュージック

13:54  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.06 (Wed)

パセリ,セージ,ローズマリー,タイム・・・マーティン・カーシーの「Scarborough Fair」

usapongimon.jpg

先月のアタマごろに作曲家・周防義和さんのblogをチェックしていたら、こんな記事が目に止まりました。
http://blog.livedoor.jp/suo2005/archives/51964645.html

自分、長いことサイモン&ガーファンクルで有名な「スカボロー・フェア」で合い間合い間に挟まる謎のフレーズである、
「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム(parsley,sage,rosemary and thyme)」
という4つのハーブの名前の羅列が気になっていたんですが、これで長年の胸のつかえが降りました。元々「Scarborough Fair」がどんな発祥の曲なのか、この4つのハーブのフレーズがどういう意味か、何故この曲をサイモン&ガーファンクルが大ヒットさせることになったかなどについてはリンクした↑の周防さんの記事や、こちらのドナドナ研究室様でも詳しく取り上げていらっしゃいます。こちらは目次真ん中あたりから。他にも色々なトラッドソングに関する資料がわかりやすく解説されています。(あの「ドナドナ」発祥にはちょっとびっくり;;)

要するに、死や魔などの誘惑から身を守るためのおまじないとして広く知られた民間伝承だったんですね。納得♪

ところが、次に気になってしょうがなくなったのがどちらの引用先でも言及のある、ポール・サイモンやボブ・ディランが英滞在中、彼等に曲を伝授したというマーティン・カーシー(Martin Carthy)という人物のこと。要するに彼がアレンジしたトラッドをサイモンに伝えボブ・ディランに伝えたら・・・になるのですから。
それで調べて(こういうときネットはつくづく便利だ)いままで知らなくて損した、と思いました…

つまりマーティン・カーシーは英トラッド界に最も影響を与えた伝説のギタリストで「ブリティッシュ・フォークの重鎮、否、人間国宝みたいな存在」とでもいうべき人物です。日本ではあまり知られていないのが残念。

で、今月に入ってから漸くCDゲット。1965年レコーディングのイングランドのトラッドソングを集めた-もちろん「Scarborough Fair」も収録されてます-の1stソロアルバム「マーティン・カーシー(Martin Carthy)」を聴きました。
うが、一発で気に入った;;さらに今まで知らなかった分損失、と後悔・・・;;;

歌はソロでフィドルが入るものもありますが、ほとんどギターだけが伴奏(無伴奏のものもある)。「Scarborough Fair」はマーティン版を最初聴くと、サイモン&ガーファンクルのバージョンに慣れ親しんだ耳には、初めはシンプル過ぎに感じるかもしれません。けれど朗々として艶のある力強い歌声、美しいギターの技法やメロディは、一度気に入ったら何度でも飽きずに聴きたくなります。私は60年代のほとんど同時期かそれよりもう少し前に、イングランドから遥か遠いチリで活躍していたビクトル・ハラやビオレッタ・パラのやはり民族音楽民謡に基づいた初期の「ヌエバ・カンシオン」も好きなのですが、マーティンのこのアルバムを聴いて、通底するものがあるなあ、と感じました。シンプル・イズ・ベストであるが故の伝えてくるものの強さ、というか。
ブリティッシュ・フォークトラッドをこれから初めて聴こうとする方にもオススメできると思います。


それでは、参考までに。1stソロアルバム「マーティン・カーシー」収録曲。一応邦題でご紹介。
1. ハイ・ジャーマニー/2.樹木は高く伸びる/3.ソヴェイ/4.水夫/5.ハートのクィーン/6.ブルームフィールド・ヒル/7.スプリングヒル鉱山事故/8.スカボロー・フェア/9.愛らしいジョアン/10.大麦とライ麦/11.麦の穂をゆらす風/12.2人の魔術士/13.ハンサム・キャビン・ボーイ/14.行かせてくれ

※私の手元にあるのはインポート盤ですが、Amazon.co.jpで検索すると名前のカタカナで日本盤、英語綴りで同じジャケットのインポート盤アルバムがでてきます。内容は同じ。インポートの方が多少お得な値段かも・・・。CDはUS盤が1996年、日本盤が2006年リリース。

テーマ : ワールド・ミュージック - ジャンル : 音楽

タグ : フォーク 民謡 民族音楽 トラッド ギター スカボロー・フェア ハーブ

11:20  |  音楽鑑賞&感想・ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。