スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.09 (Thu)

「猫ふんじゃった」にならないよーに;;

犬がこようがなんだろうが、頻繁に来てくれる大事なお客様がこのご近所猫のちーちゃん(仮名)。この写真は、玄関前で呼んでいたところを2階の窓から携帯でとったもの;;

kurobuti.jpg
「あそばんの?」

しかし庭で草むしりしてる時にも現れて、足元にすりすりしてくれたり手にじゃれるほど懐いてくれているのはありがたいんだけど、度々「猫ふんじゃった」になりそうなのが怖いのです・・・
(そういや小さい時にピアノ曲で真っ先に出てくるタイトルって「猫ふんじゃった」だよな、とここでも無理やり音楽ネタにつなげてみる。)

ちーちゃんのおうちは異種多飼いだそうで。うちの新入りとも仲良くしてやってくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

タグ :  猫ふんじゃった ピアノ

15:01  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

ピアノ猫。

は割とうるさがりで、大きな音を好まないんですけれど、これはうちの実家の場合の話です。
今日の記事はちょっと想い出話です。

ieneko5.jpg

写真は以前実家にいた「にゃんすけ」on the ピアノ。鍵盤のところ閉じてるんですけど、そこが開くのを待ってます;;

「早く蓋開けてな。名曲聴かせてやる。」

家族がピアノ講師やってたり、私と妹も習ってた関係で結構頻繁にピアノが稼動している家でしたが、まず鍵盤に乗ってきたのが「ちょび」「ちゃこ」母娘。楽譜におこすのも不可能な不協和音の名曲を奏でてくれてました。それから「ちゃこ」の娘の「花子」(フリー素材曲「しっぽのダンス」のモデルになってくれた女王様。本館の素材曲ダウンロードページに写真があります)。これまた人間様の耳には前衛的な名旋律を奏でてくれて感激の至り。その後飼ったも全部鍵盤に乗るの平気でしたっけ。

気ままなトコが可愛いと言われれば確かに、と返さざるを得ないの行動。しかし全て、人間がピアノ練習しているときだというのが小憎らしいのでした。

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ :  ピアノ 音楽

11:00  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.28 (Tue)

「4分間のピアニスト」サントラ。

昨日のエントリの写真で「Shall we ダンス?」と共に写っているドイツ映画「4分間のピアニスト」サントラのご紹介です。
☆ストーリー概要:
女子刑務所に講師として赴任してきた老ピアノ教師・クリューガー。老境をどこかあきらめた風情で生きているクリューガーだが、レッスン対象の受刑者の中に、かつてコンクールでの入賞経験もあるピアノの天才少女・ジェニーを見出す。クリューガーは彼女の才能を開花させんとし、コンクールに出すためにジェニーに特別レッスンを開始しようとするが、刑務所の中でも問題児であるジェニーの態度はとにかく反抗的。それでもクリューガーの熱意で次第にジェニーは心を開いていくが、そのクリューガーにも過去心に刻んだ深い傷が残り、ずっと自責の中で生きてきていた。それがジェニーと出会い…。

※既に昨年日本でも公開され、日本盤のCD/DVDも発売されているのですが、内容に関しては日本では賛否あるみたいですね;;特に序盤~中盤、場面が過去・現在と忙しく行ったり来たりしてちょっと時勢や人間関係がわかりにくい部分があったり、感情変化が読み取り辛かったりといった部分が…と言う感じですが、確かにハリウッド映画的なわかり易さはないです。けれどこの映画にハマるタイプの人ならば、序盤からパズルのピースみたいにばらばらだったそうした過去・現在の流れや人間関係の錯綜が、だんだんと最後のシーンのための伏線となっていき、ラスト近くで一気に1つの流れに纏まって、ジェニーが4分間の演奏を終える瞬間に収斂していくのが痛快にさえ感じられるのではないかと思います。

自分的には前日エントリの「Shall we~」の方はアルバム単独でも楽しめると思いますが、このアルバムは映画をご覧になった上で聴いて欲しいなあ、と思います。「ああ、この場面ってこうだったな」というのを思い出しながら、フルバージョンを聴くという楽しみ方が宜しいんではないかと…;;
とにかくピアノコンクール会場やレッスン場面で弾かれるバッハやシューベルト、モーツァルトのおなじみのピアノ名曲・スタンダードなクラシックから、ラジオから流れる中東系エスノ、結婚式会場のユダヤ民謡、オリジナルでは手錠をかけられたままだったり刑務官に乱暴して押さえつけられそうなジェニーが感情のままに弾く力強い曲、ラストの本選演奏で、シューマンの曲から突如として「ジェニー自身」の曲へと替っていくラストの曲などなど(ジェニーのオリジナルの曲は、本気で映像と一緒に楽しんだ方がいいかも)使用曲がバラエティに富んでおり、ラインナップ見るだけでも凄く豪華。

調度来月11/5(水)、深夜WOWWOWにて放送予定ということでご紹介してみました。もし興味がある方、一度「観て、そして聴いて」みて下さい♪

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

タグ : サントラ サウンドトラック ピアノ 映画 ドイツ

16:58  |  音楽鑑賞&感想・映画サウンドトラックなど  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。