スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.12 (Thu)

千年女優のテーマ・舞台版。

アジェンのデビュー演奏のこと、結構色々書きたいなーと思ってたら我が家のシェルティ娘が体調崩すやらなにやらでまとめそこなってしまったので、まずお先に個人的お気に入りなんぞ紹介してみます。

いまさらながらという感じがしなくもないですが、前のエントリで今敏監督・平沢進音楽の映画「千年女優」について書いたついでということで・・・今年に入ってこの作品が神戸の演劇ユニット「TAKE IT EASY!」により舞台化・上演されました。う~、関東公演があったら絶対行ってたのに!!(そしてサントラ付きパンフレットが欲しかった・・・。)

これは公式よりyoutubeで紹介された劇中歌「数え歌 千年無限回廊」(※現在公式ページからのリンクはなくなっていますが、youtubeでは劇紹介のフィルムとともに閲覧可能です)。劇場アニメ版テーマ・平沢師匠の「ロタティオン-Lotus2」が『誰か』から千代子に捧げ尽くされた歌だとしたら、この「千年無限回廊」は視点を変えて、千代子自身が歌う歌だなあ、と。こっちもいい曲、そしてどちらも永遠を生きる女優・千代子さんのための歌です。原作とシンクロする歌詞も出てきてちと嬉しい♪音使いではバックのViolinが素敵。



ホントに素敵な曲だと思います。曲から舞台の様子を思い描くのも一興かもしれませんが・・・つくづく、観にいきたかった・・・嗚呼。
スポンサーサイト

テーマ : YouTube動画 - ジャンル : 音楽

タグ : 千年女優 演劇 舞台 今敏 平沢進

11:01  |  音楽鑑賞&感想・映画サウンドトラックなど  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.22 (Wed)

「千年女優」サウンドトラック。

usapontensi.jpg

アニメーション映画「千年女優」のサウンドトラック今敏監督作品・2002年公開)ですが、一応映画ということで映画サウンドトラックとして紹介などを。ストーリーなどはwikiが詳しいですが、海外の方が評価高そうな・・・。

そのwikiにもありますが、一応概略。
☆30年前に銀幕から突如姿を消し、山荘でお手伝い一人のみとひっそり暮らしていた伝説の大女優・藤原千代子。映像製作会社「ロータス」の社長で千代子の大ファンでもある立花は、今までほとんど不可能だった千代子へのインタビューに成功し、カメラマンの井田と共に千代子のもとへ訪れる。そこで立花は千代子に、取り壊しの最中にある映画撮影所から見つけた古びた鍵を渡す。その鍵こそ、千代子の記憶の扉を開ける鍵-閉ざされていた過去への追憶と想い・隠された謎が明かされ、現実と映画の世界・過去と未来が錯綜し、輪廻と永遠へと続く千代子の語りが始まった。

今監督がサントラ・テーマ曲担当の平沢進師匠のアルバム「Sim City」収録の名曲「Lotus」に着想して製作の原動力としたという本作ですが、実は最近DVDで鑑賞したばかり;;けど鑑賞後即、気に入りました。いやあ、私的には久々ヒットのアニメーションです(といっても公開7年前だけど;;)公開当時物議をかもしたという千代子の最後のセリフも、永遠の存在となり行く千代子の最後にして「あらたな始まり」のセリフとして違和感感じなかった(例え下手ですけど、美空ひばりが「不死鳥」となったのと同じような印象が。千代子がなんといったかは検索すれば割と出てくると思いますが、あの言葉に納得したら「やられた!」の世界で、最後に「ロタティオン」が流れ終わるまで席立てないんじゃないかな)し、何といっても絵が美しく声優さんも実力派が熱演、一時間半の話のまとめかたも冗長じゃなくて良かった。立花さんは「銀幕の憧れの君」に惚れ込んだファンの象徴というとこでしょうか?いや、映画シーンになるたびに影から千代子さん助ける役者になりきってる社長さん、大好き。井田君の突っ込みもはからずも要所を締めるポイントだったりして。
…ただ、今風のアニメのファンむけじゃなくて、(実写の日本)映画好きの人向けな印象があります。というわけで映画ファンの方、アニメと馬鹿にせずに、できるだけ大きな画面で一度どうぞ。DVD発売中。

さてサントラの方ですが、こっちも平沢師匠のファンの御方、「(おたくな)アニメの仕事だから」という先入観はちょいと置いといて、聴いて損はないと思います。初期のアニメサントラの仕事でちょっと試行錯誤の感(失礼!)もある「デトネイター・オーガン」etcはさておき、また同じく今敏監督で平沢氏音楽の「パプリカ」サントラがいい曲揃いだけどほんのちょっとまとまりに欠けてる(「パレード」の歌バージョンとインストバージョン、どっちもフルで入れる必要あったのかな;;)印象があるのに対して、「千年女優」は既発表曲もうまく使い(※「ロタティオン」が収録された平沢師匠の「賢者のプロペラ」を併せて聴くのがお勧めです。何か発見があるかも)、テーマ曲のメロディをモチーフにアレンジした曲が巧い具合に配されてバランスが良く、ラストでそのテーマ曲である「ロタティオン-Lotus2」が正にこの映画における「千代子という永遠の女優を歌いあげるうた」として出てきて、「終わりと始まり」を印象づかせてくれます。

個人的に好きなトラックはMODE-1から3まである「千代子のテーマ」のうち、千代子の語りが始まるタイトルバックで流れるMODE-1。ロタティオンのモチーフの中に見える出生~少女時代の希望と喜びを含んだ印象がお気に入りです。それから幕末、鞍馬天狗や新撰組が闊歩する時代から浮世絵風のバックを経てモダンな近代の町並み、桜並木の美しい情景の中を一気に時代を駆け抜けていく疾走感溢れる「RUN」。あれはあの曲あってのあのシーン、あのシーンあってのあの曲、絶妙でした。

「ロタティオン-Lotus2」単体は平沢氏の他のアルバムにも収録されていますが、このサントラできけるインストのアレンジもクオリティ高いので、平沢ファンもサントラ好きさんもどうぞ。元祖ともいえる「ロータス」と一緒に聴いてみるのも一興です。

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

タグ : サウンドトラック サントラ 平沢進 今敏

11:37  |  音楽鑑賞&感想・映画サウンドトラックなど  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。