スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.26 (Tue)

アジアの獅子舞in六本木ヒルズ

usapontukimi.jpg
知り合いが出演した関係で、8/22(金)の「六本木ヒルズ盆踊り」前夜祭に行って参りました。この前夜祭で行なわれるのメインアトラクションが『楽劇・六本木楽』。狂言師の故野村万之丞氏が再生した日本古来の芸能「真伎楽」と、市民参加で行われる「大田楽」を融合した六本木ヒルズオリジナルの演目なんだそうです。アジア系の舞楽もオンパレードで乗っかって、御馴染みガムランに乗せてのバリのバロンの舞や珍しい韓国の道化的な獅子舞、日本の風流系(ささら)+伎楽系の獅子舞も合わせ、順番にそれぞれの演舞と見せ所→最後はオリジナルの曲に乗せての出演者勢揃いの賑やかな乱舞でクライマックス。
残念なことに途中からしか見れなかったんですが、最後の獅子3体揃い踏みと全員参加の踊りは場内も最高潮。時間が40分程と短かったのが残念でした;;

けれど、バリや韓国の珍しい伝統楽器を間近で見れたのは眼福でした♪まだ不勉強で獅子舞やこうした舞楽のルーツがどうであるかとかよくわからないのですが、今ある物をこうした新しい形で融合させる試みって凄く面白いと思います。

というわけでピンボケでよくわからないけど雰囲気だけでも・・・;;クライマックス近く、右からインドネシア・韓国・日本、アジアの獅子トリオ・勢揃い。

sisi2.jpg

にしてもこの日は寒かったです。半袖で行って風邪引きそうに;;
(8/26、訂正再編集)
スポンサーサイト

テーマ : 伝統芸能 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 民族音楽 伝統舞踊 ワールドミュージック 獅子舞

17:24  |  音楽鑑賞&感想・ライブ&コンサート等  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。