スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.27 (Mon)

映画版「鴨川ホルモー」オリジナルサウンドトラック。

kamogawa.jpg

知り合いが今回映画化・公開中の「鴨川ホルモー」原作者の万城目学氏のファンでして、小説どう?とお勧めしてくれたのですが、取り合えず周防義和氏が音楽担当ってだけで買ってしまったサントラのご紹介でも。写真の左側がライナー裏側、右側がケース裏(何故にアビーロード・・・。)まずは映画の概略。
☆二浪でサエない・モテない京大生の安倍(山田孝之)は、「京大青竜会」なる怪しすぎなサークルの新歓コンパで出会った早良(芦名星)に一目惚れ、うっかり入会してしまう。怪しいサークルだけあって、そこに集う面々も一風変わった奴等(栗山千明・濱田岳・石田卓也・斉藤祥太・斉藤慶太)ばかり。そして安倍は部長の菅原(荒川良々)から、「青竜会」は実は「オニ」を操り戦わせる競技「ホルモー」を行なうサークルであると告げられて、最初はうそ臭いと思いつつも京都を揺るがす恐るべき「ホルモー」の秘密に巻き込まれていく・・・。

監督は本木克英氏で、周防サウンドとは「釣りバカ日誌イレブン」「ドラッグストア・ガール」、舞台「獅童流 森の石松」などで組んでいます。(映画、アメリカ版も決まったんだっけ?)小説版と異なるオリジナルキャラクターも結構いるらしいので、それも賛否の分かれどころかも。映画の雰囲気・・・ジャケット通りなんでしょうね、やっぱり。

今回のサントラはとにかく自由奔放な周防氏のパターンが総出の「てんこもり」みたいな感じ。全体のテーマである「オリジナルな和」の情感は「劇場版Air」を思い出させ、ちょこっとお洒落、でもどこかユーモラスなフレーズは「Shall we ダンス?」のころから健在で、どの作品でも大抵組んでいる桑野聖ストリングスを中心としたオーケストレーションも「東方弦聞録」などで聴かせてくれる通りのいつもながらのお見事さ、時折顔を覗かせる怪しく深い感じのフレーズは「シャーマニックプリンセス」(これが周防氏の最初のアニメ作品になるのかな?)の時期の曲を彷彿とさせ、アコースティックな音使いの曲は「それでもボクはやってない」やオリジナルアルバム「弦異抄」に通底し・・・なのですが、全体的にポップでループ的なサウンドでまとめられていて、あまり肩の力がいらず聴き易かったです。何よりこれ、作ってる人が一番楽しんでるだろ(周防氏自ら三線弾いてる曲もあったりする)とか思ったり。

※amazonのこのCDのページで各曲試聴可能になっています。ご参考までに。

そんなわけで、原作ファンの方にも、こっちのサントラはお勧め。結構原作イメージで聴くことはできるんじゃないかなと。読書のBGMにするのにも、あんまり邪魔な音使いが無いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : サウンドトラック サントラ 鴨川ホルモー 周防義和 本木克英 万城目学

13:38  |  音楽鑑賞&感想・映画サウンドトラックなど  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.21 (Thu)

ハマるきっかけは意外なところに。

usapontukimi.jpg
カテゴリを「アニメのサントラ」にしようとして迷ったけれど、取り合えず作曲家のことを書きたかったので、こちらに。今を去ること10と2年前、CLAMPの「X」が映画化されたのを友達と観にいったのですが、当時は原作自体読んでなくて困った;;ストーリーで覚えてることといったらちょっと流れが急ぎすぎだったり間延びしてたりで内容つかみ辛かった、ということ(これに関しては別記事にて、改めて;;;)。ただサントラ担当の清水靖晃氏の東京破壊をイメージした強烈で退廃的なSax使いはGoodでございました。
この映画公開に前後して、原作版に基づいた敵味方総勢14人のドラマCDが発売されたのですが(「Xキャラクターファイル」全7巻)、予習として参考までにと映画を一緒に観た友達にそのうち一枚借りて聴いたのですが、ハマりました。
・・・「音楽」に(笑)。菅野よう子さんがそのCDで音楽を担当してて、もう見事にハマっちゃいました。菅野さんの曲聴いたの、これが初だったんです。で、菅野さんが全14曲中他にも数曲担当していることがわかったので、サントラだけのアルバムって出ないかなあ、と思ってたらきちっと出てくれました、それも物凄い面子が担当。
で、担当内訳:
譲刃、火煉、昴流、嵐→菅野よう子(言わずもがなだけどオフィシャルサイトご紹介)
神威、那タク(「たく」が文字化けするのでカナで。)、颯姫→溝口肇(一応オフィシャルサイトご紹介
空汰、征一狼→長岡成貢(オフィシャルサイトはこちら。トップから音鳴るのでご注意。)
星史郎、封真→福岡ユタカオフィシャルサイトはこちら。「え、これもこの人が?」と驚く曲も。)
遊人、牙暁→保刈久明(オフィシャルが見つからなかったのでwikiから。これ以外にも多くのお仕事。)
草薙→周防義和オフィシャルサイトはこちらblogの記事も面白いです。)

贅沢な面子を贅沢に使ってて、しかもどのアーティストもちっとも気を抜いた仕事をしてない超お得アルバム。特にお気に入りなのは菅野さんの可愛い感じでティンホイッスルを主旋律にした「譲刃」と、最初に聴いた女声コーラスと羽ばたくような感じの躍動感が印象的な「火煉」、それに福岡ユタカ氏が自由に作ってる感じの2曲。特にエスノ系の「封真」が良いです。ストリングス系の曲は溝口さんの「那タク」の透明感が好きです。周防さんは映画畑の人だとばっかり思ってたので、さり気に混じっててこれまたびっくり(「シャーマニックプリンセス」のサントラ聴いてさらに衝撃受けたのはこの翌年)。これだけ豪華なメンバーは今揃えられるかな、と言う感じです。時代がらでしょうか?今は廃盤ですが、アマゾンのマーケットプレイスで1円からっていうのを目にしたりしますので、ご興味のある方、どうぞ。
で、このアルバムの参加アーティストに興味持ち始め、芋蔓式に好きなアーティスト・歌手が増え、ついでにCDの出費がかさみ(泣)という時代が暫く続きました。
ちなみに、映画版サントラ担当の清水靖晃氏のオフィシャルはこちら

末筆ながら・・・
「X」及びCLAMPファンの皆様、邪道な楽しみ方して申し訳ありません。平身低頭;;;

テーマ : アニソン・キャラソン - ジャンル : 音楽

タグ : 清水靖晃 菅野よう子 溝口肇 長岡成貢 福岡ユタカ 保刈久明 周防義和 アニメ サウンドトラック

11:15  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.11 (Mon)

疲れた時に聴いてしまう曲-お気に入りアルバム編-

usapontensi.jpg

では、↓の自分でもよくわからない習性の「自分で作った曲をよせばいいのに聴きなおす」のではなく、正統派のヒーリング方法、疲れた時のリラクゼーションのときに最近よく聴くアルバムです。個々のアーティストについては改めて紹介記事書きたいので、とりあえず羅列。

1・「天の壁(てんのかべ)」:ウヨンタナ2ndアルバム(内モンゴル地方の民謡など)
2・「飛行夢(sora・tobu・yume)」などzabadak系統の比較初期のもの(※吉良知彦さんソロは疲れてないとき聴くこと多し)
3・「オペレッタ狸御殿」オリジナルサウンドトラック:2005年公開。作曲は大島ミチル・白井良明、歌がチャン・ツィイーに薬師丸ひろ子に平幹二郎に由紀さおりに(略)、演奏に東京スカパラダイスオーケストラ・・・超豪華・・・;;
4・「東方弦聞録-Fiddler's Philosophy-」:ヴァイオリニスト・桑野聖氏のアルバム。プロデュースで周防義和氏。このコンビ、大好き。
5・その他・altanとか、ちょっと古めのアイリッシュ・トラッド、民族音楽系統。

それではまた暇な時に、個々の紹介でも・・・。今聴いてるのは「狸御殿」です。平幹御大&由紀さんノリノリです。

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

タグ : ウヨンタナ zabadak 大島ミチル 周防義和 民族音楽 桑野聖 ヒーリング

11:50  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.28 (Mon)

マイナー王道。その1


という訳で趣味の方のblogのカテゴリから音楽に関することを削るので、以前のエントリの中からちょっと修正加えつつ6月に友人にアニソン歌いにカラオケにしょっぴかれた時の話題を修正加えつつ転載。

長ったらしいので前後に分けまする。
・・・・・・

アニメーションの主題歌とかサントラといっても馬鹿にするなかれ、名曲に出会えることも多々あります。
実際に作品見てないのに好きな作曲家が関わってたりするだけで持ってるCDもあるくらい;;

というわけで(でもないか)。
こないだカラオケ行って、友人に「どーでもいいからアニソンで好きなの歌え」と言われて
探しましたがな。以下、データとかいり、手に入れにくい音源ほど注釈付きで。

☆好きな曲・その1
風の祭」歌 ウヨンタナ 作詞 小峰公子 作曲 周防義和 
OVA「シャーマニックプリンセス」第5・6話イメージ曲(5話エンディング、6話劇中歌)。
もう私的には、「これぞ黄金メンバー!!」による歌・作詞・作曲。
(Date/1996~1998ビデオ・LD発売全6話、ただ今DVD上下巻で発売中。サントラは周防義和氏。残念ながら「風の祭」はDVD下巻の5,6話を視聴しなければ正規には聴けないのが現状。2枚あるサントラは廃盤。どちらも結構な名盤なので廉価版でも再販求む!)

☆好きな曲・その2
「不思議を見つめて」歌 巻上公一
OVA「オーガス02」第1~4話オープニング曲。
最初聴いて強烈さにビックリ。けど完全ハマってライブのだけどCD買ってしまった・・・;;
(Date/1993~1995ビデオ・LD発売全6話。DVDは祈・再販状態?サントラはヒカシュー
このサントラも廃盤、「シャーマニック~」共々相当なプレミアついてるのにも出くわします;;
オープニングは現在ライブバージョンが「Hikashu History」に収録されて入手可。)

☆好きな曲・その3
「月迷風影」歌 有坂美香
Zabadakは好きです。暖簾分けしてもどっちも好きです。吉良さんも上野さんも好きです。
(2002~ テレビアニメ「十二国記」エンディング、作曲 吉良知彦

・・・それでは後編に続く(笑)。

テーマ : アニソン・キャラソン - ジャンル : 音楽

タグ : アニソン ウヨンタナ 風の祭 小峰公子 周防義和 巻上公一 ヒカシュー 吉良知彦

16:05  |  音楽鑑賞&感想・アニソン&アニメ/ゲームサントラ等  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。