スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.30 (Thu)

今年聴いたCDから・1~world Musicづいてました

今年も早いものであと二日を残すところになりました。今年聴いたCDと言えば、大雑把に民族音楽・world、トラッドがキーワードとなるジャンルが多かったです。その中でも自分的にこれは今年出会って特にヒットだったと思えるもの・リピートして聴き続けているお気に入り定番のものをまとめてみました。新旧問わず、外れの少ないworld当たり年でございました♪

・VARTTINA「KOKKO」,etc
フィンランドのトラッド・ポップ・グループ。フィンランドの伝統音楽を、これまた伝統の楽器に乗せたアレンジの良さもさることながら、何といってもそれを歌い上げる女声コーラスの軽やかさ+力強さが魅力。

・WUYONTANA「KHORCHIN」「天の壁」
内モンゴルのホルチン地方より来た歌姫であった方。歌を離れてもお元気でいらっしゃることを願います。日本で出されたこの2枚のアルバムと、必死こいて集めたシングルカットされていない曲の数々は宝物です。

・YANNI「ETHNICITY」「DARE TO DREAM」,etc
amazon等ではニューエイジ・ポップスの括りになってますが、それを飛び越えた幅広い音作りで、ここ暫くはworldを強く意識した作品の多いyanni。ドキュメンタリーなどのBGMで結構使われてますので、「これ聴いた!」という方も多いのでは。どの時期の作品もお気に入りです。今更ながらですがお気に入りのライブ動画から「ワールド・ダンス」をご紹介。一番下参照です。

・Sacred Spirit 「 Chants and dances of the native Americans」
Claus Zundel(クラウス・ズンデル)によるプロジェクト(ちなみにクラウスは現在、EnigmaのMichael Cretu(マイケル・クレトゥ)同様、スペインのイビサ島に住んでいるそうな)。ワールドにクラブミュージック、クラシック等様々な音楽要素を盛り込んで、独特な音を作り上げている。このアルバムは正にネイティブ・アメリカンの世界観をトラディショナルと多様な音の融合で描き出したもの。

・FIDDLER'S BID「DA FARDER BEN DA WELCOMER」「NAKED&BARE」
スコットランド北東部シェットランド諸島のトラッドを芯の強い音で聴かせてくれます。シェットランドはフィドル奏者が多く、このグループの柱も4人のフィドラーの合奏。フィドル自体はアイルランド~北欧まで広く使われているけれど、シェットランド独特の構成をこのグループの演奏で楽しむのも良いかと。

・東アジアの雅楽・・・ベトナム・日本・韓国などのCDいろいろ
特に正倉院の復元楽器・ハープに似た竪琴の 箜篌(くご)の曲集、「甦る古代の響き 箜篌」がツボでした。

他、今年フォルクローレやブリテンのトラッド系などなど。英トラッド界の大御所・Martin Carthyやそのファミリー、プロジェクトのが一番動画で観る頻度高かったです。


↓と言うわけで、キーボードの人がYANNI氏。もはやダンス通り越してバトル(笑)だけど、こういうノリは大好きです。




それでは時間があったら、今日中に2に続く;2は国内アーティストやサントラなどを紹介予定。

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ワールドミュージック 民族音楽 トラッド 伝統音楽

12:28  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.31 (Sat)

アジェンでデビュー。

今日お昼から明日一杯はお仕事モードです。
えーと、都内某所の知り合いのご親族結婚式にて、これ弾きます。
(・・・新曲の発表報告じゃなくてすいません・・・)

最初はものめずらしさから手にとらせていただいたアジェンですが、どーなることやら;;
おまけに正規の「演奏衣装」(向こうの雅楽衣装っすね)まで着せてもらうのだ;;面子の半分以上は私と同じく興味から入ってきた日本人なんで馬子にも衣装かコスプレのノリ(汗)。しかしプロと同席だよ?どーしろいうねん;;

・・・というか、12月には成り行きで某民族音楽のライブでも末席汚させていただくことにもなっていまする。ここでもいろんなアジア系ワールドミュージックのプロ・セミプロの方々とご一緒だよ、どうするんだよ自分・・・;;

昨日の最後の練習ぐだぐだだったですが、詳しい報告&一体どんなアジェン習ってるのがどんな教室かはまた来週でもご報告いたしますっ。

テーマ : 楽器 - ジャンル : 音楽

タグ : 民族音楽 ワールドミュージック ライブ

11:43  |  オフライン音楽活動。  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.25 (Mon)

アジェン事始めなのです。

usapondarudaru.jpg

取り合えず我が家にあるアジェン(韓国の弓使った)のご紹介です。今回は写真無しで済みません;;

・とある事情でアジェン弾けなくなった友人某氏のところから私にドナドナ。
・その友人のマリンスポーツの道具を入れるケースにて運搬(だって、合う楽器ケースがないんだもん;;)
・前回エントリで書いたように、低音なんであんまり現在の我が家の防音事情では近所迷惑にならない。けどまだ超ど初心者なので、弾く度「ぎ~~~い、ぎ~~い」・・・。弓使う弦楽器やった方なら一度は経験したであろう超アレな音なんで、結局近所迷惑にならないのはそこそこ上達してから(涙)。高音の日本のの音の方が外に結構響いてるらしいけど・・・早く来い来い防音設備。
・意外と軽くて丈夫。
・枕の替わりに折りたためる脚がついている。
に向かい真っ直ぐ座るんで、が生田流で交互に練習したりするとそこはかとなく違和感を感じてしまう(生田流はに向かって少し左側向いて座る。)
・弓の手入れは暫定的にチェロ用の松脂。いまのところ。
・今の課題曲・・・韓国の(李氏朝鮮中~後期くらい)宮廷音楽の簡単なやつ。
・そういう宮廷音楽(雅楽系)と民謡系だと音階が違うので柱を直す。
・音階:ヴィオラ低音~チェロくらい
・野望:ヨーヨー・マの曲をこいつで弾くこと。

続きは写真つきでなんとか。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : 民族音楽 ワールドミュージック

18:31  |  オフライン音楽活動。  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.06 (Wed)

琴・筝・こと・ソウ2-弾く道具。

kotosou_convert_20090506225635.jpg

上の写真は以前のエントリで紹介した韓国の琴・アジェンの弓、そして前からやっている私の手持ちの日本の爪(三本1組)です。ついでに右側の黒い箱はの爪を入れているケース。

で、何故以前のエントリ時にはアジェンを幸運にも写真に収めること・音色を間近に聴くことができただけで喜んでいたのに、今その弓が私のの爪と並んでいるかといいますと・・

・・今回の写真には写ってないけど、もアジェン本体も、今我が家に鎮座してます。

・・つまりですね、話したら長くなるんでおいおいネタに書いていきますが、

日本と韓国の伝統弦楽器、成り行きで同時並行でやることになっちゃったんです!

さて、どうなることやら自分でもわかりません;;というか続けられるのかよ自分・・・ま、まず今後もこうなったいきさつとか続きちょくちょく書きますので、お楽しみに(?)

そーしーて、新曲完成は遅れるばかり。とほほほほ。

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ :  邦楽 ワールドミュージック 民族音楽

22:48  |  オフライン音楽活動。  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.09 (Thu)

筝(邦楽)食わず嫌いの方へ~CDご紹介など。

usapongimon.jpg

曲といえば、どうしても「春の海」か、曲名を知らなくても「六段の調」くらいしか知らないや、となったり、イメージ堅苦しいし閉鎖的で嫌ん、という方が多いと思います。現状を考えればそれでもやむなしといったところが邦楽やってるサイドの責任としてもあると思うんですが(今は自分はお稽古お休み中ではありますが、習ってる先生は、そんな中にあって外に向けての普及には相当力を入れている方ではないかと;;)それでもイイものは紹介したいわけで・・・そこで初めて「お正月恒例なおの音」以外の曲を聴く方にお勧めなのが、沢井忠夫氏の作品集。

新しい趣向をどんどん取り入れて、古典的な味はしっかり残しながらもモダンだったり語りの入るもの、という楽器の構造をフルに使った思わずどっきりな奏法も出てきて、お正月やお茶の席などの特定の場所・イメージな空間ではなくて、他の幾多の音楽と同じくイージーリスニング的にの楽曲CDを初めて聴いてみようという向きにはぴったりだと思います。一応右カラム下方の「読書カレンダー」に、CDを一枚紹介してみました。AMAZONのこのCDのページで視聴もできますので、ご興味ありましたらクリックしてぜひご一聴を(このカレンダー、お気に入りの本だけではなく、AMAZONで紹介されているものだったらアフィリエイトプログラム使わなくてもいろいろ引用できる優れものアプリケーションだったりします♪)。

個人的には「沢井忠夫作品集3」収録の「花筏」(はないかだ)がお気に入り曲です。また機会みて、いろいろお勧め邦楽関係CD・書籍紹介したいと思います。

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : 邦楽 沢井忠夫 ワールドミュージック 民族音楽

10:49  |  音楽鑑賞&感想・ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.25 (Wed)

結構民族弦楽器好きです。

usapontukimi.jpg

ちょっと前の記事になっちゃいますが、こちらの記事に最近拍手ポチを連続で入れて頂いているんで、少し気恥ずかしいやら嬉しいやらです;;
こないだスカパーで「王の男」流し見してたら、ほんの少しだけど宮廷音楽合奏シーン(芸人達が大臣の策で宮廷で芸を披露すべく連れてこられるとこ)にこのアジェン等の韓国の類が揃ってました。ワールドミュージック好きとしては役得…というか、隣の文化圏の楽器を良く知らない;;もっと勉強せねば;;;(なんか韓国=サムルノリとか、民衆音楽の打楽器のイメージが強くて、宮廷系までよくわからんかったのも事実。反省…。)

…とか言いつつ、今度は「フィドルっていいよな」とか気付いてみたら言っていたりするのです。その前に確定申告の書類作成済ませての弦張り替え済ませてとっとと稽古復帰しろ>自分。

…あ、その他アルパとかアイリッシュ・ハープとかも好きだ(笑)。アルパはフォルクローレやってた関係で結構親しみがあるし(YANNIのいつだかのライブ中、「ワールド・ダンス」って曲でそれこそ踊るみたいに強引にかき鳴らしまくってたアルパ奏者の御兄さん、最高だ)。

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : 弦楽器 民族音楽 ワールドミュージック

22:47  |  音楽鑑賞&感想・ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。