スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.09 (Thu)

筝(邦楽)食わず嫌いの方へ~CDご紹介など。

usapongimon.jpg

曲といえば、どうしても「春の海」か、曲名を知らなくても「六段の調」くらいしか知らないや、となったり、イメージ堅苦しいし閉鎖的で嫌ん、という方が多いと思います。現状を考えればそれでもやむなしといったところが邦楽やってるサイドの責任としてもあると思うんですが(今は自分はお稽古お休み中ではありますが、習ってる先生は、そんな中にあって外に向けての普及には相当力を入れている方ではないかと;;)それでもイイものは紹介したいわけで・・・そこで初めて「お正月恒例なおの音」以外の曲を聴く方にお勧めなのが、沢井忠夫氏の作品集。

新しい趣向をどんどん取り入れて、古典的な味はしっかり残しながらもモダンだったり語りの入るもの、という楽器の構造をフルに使った思わずどっきりな奏法も出てきて、お正月やお茶の席などの特定の場所・イメージな空間ではなくて、他の幾多の音楽と同じくイージーリスニング的にの楽曲CDを初めて聴いてみようという向きにはぴったりだと思います。一応右カラム下方の「読書カレンダー」に、CDを一枚紹介してみました。AMAZONのこのCDのページで視聴もできますので、ご興味ありましたらクリックしてぜひご一聴を(このカレンダー、お気に入りの本だけではなく、AMAZONで紹介されているものだったらアフィリエイトプログラム使わなくてもいろいろ引用できる優れものアプリケーションだったりします♪)。

個人的には「沢井忠夫作品集3」収録の「花筏」(はないかだ)がお気に入り曲です。また機会みて、いろいろお勧め邦楽関係CD・書籍紹介したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : 邦楽 沢井忠夫 ワールドミュージック 民族音楽

10:49  |  音楽鑑賞&感想・ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。