スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.11 (Thu)

久々「服部」聴いて・・・

usapontensi.jpg

昔のCD押入れからたまに引っ張り出すのもいいもんだと思います。そんな訳で昨日聴いたのが最近再結成したユニコーンの「服部」。ユニコーン、「大迷惑」「ペケペケ」「人生は上々だ」あたりが好き曲です。
今回はこのアルバムにからんで、「夜の笛の音」と同じように、前に住んでた自治体でもらったちょいとした音楽的思い出の話です。

服部」リリース当時、一般の小父様をモデルに起用したジャケット、結構インパクトあったですよね(ユニコーンのセンスはあのバンド全盛のなんでもござれの中でも光ってたなあ)。それから数年、私が前に住んでた自治体に引っ越した頃。
同じ町名や番地のところでも、生活圏に入らなかったら滅多に行かないし、どういう人が生活しているのかなんてわからないというのはままあることですが、ある日そういうところへたまの用事が入り、ご町内用地図持って出かけたときのこと。目印になる小学校の角を曲がった大きめの路地、下町めいた家の並びの中、祭りが近いためか何人か法被姿で道端に椅子を出し、談笑している小父様方の姿が目に入りました。皆様どことなく、下町の職人めいて「粋」な感じを漂わせ・・・
そんな中、その中の一人、真ん中にかけている方にふと既視感を覚えました。はて、どこかでお会いしたことがあるような・・・?さりとてあまりじろじろするのも、全く交流のない新住民の自分からすると
如何にも覗き趣味的で失礼なので、なんかひっかかったままその日は用を済ませてそれまで。

それから暫く後、また近くまで行く機会があった時の道すがら、今度は誰もいらっしゃらなかったものの、ご自宅と思しき家の前の、ちょっとした古いウインドウに、確かに見覚えのある記事が。
確かに「服部」ジャケット撮影当時のものと思しきスナップでした。

「あー、「服部」の方だったんだ!」
思わぬ「有名人」発見に、ちょっとどきどき・・・

けれどそのときまで「服部さん」と思い込んでいて、実は「中村さん」だったことを初めて知ったのも失礼な話です・・・;;
そんなわけで、荒川区の名鳶職・中村さんを紹介したページはこちら。
そして、こちらに当時のジャケット写真。

※けど、氣志團のアルバム「TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE」でジャケットモデルにも再び起用されていたことまでは流石に存じませんでした;;

それからも数年間同じご町内に住んでいたのですが、用事があるたびその路地を通ると、度々外に椅子を出して向かいの小学校をのんびり眺めながら過ごされていたのにお目にかかったのを思い出します。その数年間ですっかり人物像は「わが町の粋な職人」となったのですが、昨日ばかりは思い出もタイムトリップ、「服部の人」がちょっと思い返されたのでした。

というわけで、前に住んでいた町の、とある音楽的思い出話、でした。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ユニコーン 服部 荒川区 音楽 CD

11:10  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。