スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.09 (Thu)

「猫ふんじゃった」にならないよーに;;

犬がこようがなんだろうが、頻繁に来てくれる大事なお客様がこのご近所猫のちーちゃん(仮名)。この写真は、玄関前で呼んでいたところを2階の窓から携帯でとったもの;;

kurobuti.jpg
「あそばんの?」

しかし庭で草むしりしてる時にも現れて、足元にすりすりしてくれたり手にじゃれるほど懐いてくれているのはありがたいんだけど、度々「猫ふんじゃった」になりそうなのが怖いのです・・・
(そういや小さい時にピアノ曲で真っ先に出てくるタイトルって「猫ふんじゃった」だよな、とここでも無理やり音楽ネタにつなげてみる。)

ちーちゃんのおうちは異種多飼いだそうで。うちの新入りとも仲良くしてやってくださいな。
スポンサーサイト

テーマ : 猫の写真 - ジャンル : 写真

タグ :  猫ふんじゃった ピアノ

15:01  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.08 (Wed)

フィドルの島からコンニチハ

スコットランドはシェットランド諸島には、とにかくフィドラー(伝統弦楽器・フィドル奏者。アイリッシュのが有名かな?)が多いとのこと。世界的に活躍しているグループではフィドラーズ・ビドのメンバーなんかが有名かな?・・・なーんて、音楽に無理やりこじつけてみましたが、長らく続いていた眩暈のほか、忙殺されてた理由はこれ↓

200907042059000.jpg

シェルティことシェットランドシープドッグ(♀)。我が家の一員になりましたです。
いや、別にシェットランド諸島からフィドルと一緒に空輸したとかそんなんじゃなくて、近所に縁あって超優良なブリーダーさんがいらしたからとかいろいろありまして。
名前とか育児(?)日記はおいおいに。
日記、読書と一緒に別館にした方がよさげだな;;

200907061245000.jpg

後ろはゼッケンもとっちゃって形骸もない三冠馬様・ミスターシービーの縫いぐるみ。来たその日から「仲良し」・・・。

テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

タグ : シェットランドシープドッグ シェルティ フィドル フィドラー 音楽

13:01  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.01 (Mon)

白鳥の「沼」。

バードウォッチングの名所、我孫子市の手賀沼のほとりの公園での1風景です。コブハクチョウ親子連れ。雛可愛い♪
これはお母さん白鳥と子供達っぽくて、お父さんらしき白鳥が1羽はなれて公園に来た人達から餌もらっている最中でした。

200905311349000.jpg


前々から思ってたのだけど、遠目から見る白鳥は、確かにかの名曲「白鳥の湖」を連想させて優雅で美しかったりする。けど、餌付けになれてくるとこうだったり(前のエントリより、こっちはコハクチョウ)して、体格も大きいし結構怖かったりもします。それで、昨日出会った白鳥さんも、公園に遊びに来る皆さんから餌をもらっていたのはいいのですが、必要以上に近づきすぎるとそれこそ猫もかくやの「しゃー!!」という声を出して、首を伸ばし羽を膨らませて威嚇。

200905311350001.jpg

再びお母さんと子供達。そこに人間、餌をやろうと必要以上に近づいた。お母さん、気付きます。

200905311351000.jpg

其処に今まで、離れて餌もらっていたお父さんもかけつけて一緒に「しゃー!」。やっぱり子供は守らねば。餌もらうのと縄張り・子供守るのはやっぱり別モノ、それはそれこれはこれという態度がしたたかでもあり心強くもあり、なんというか、天晴れ。子供たちはのんびりご飯続行でした。

おまけ。水辺にて。

200905311354000.jpg

・・・あくび?

テーマ : 鳥の写真 - ジャンル : 写真

タグ : 白鳥 手賀沼 ハクチョウ バードウォッチング

10:26  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.16 (Thu)

新居最初の客人。

usapongimon.jpg


漸くサーバー復帰、なんとかMYぱそも持ちこたえてくれそうなので、色々と作業開始いたしました。

そんな中で昨日リビングにPC持ち込んでの初作業あいまの気休めに、庭の土いじりでもするべと思い立って、窓から降りてふと下を見た時。

・・・いたいた、リビングから庭へのブロック段のところに、引越し後初のお客さん。この方です。↓




kyaku.jpg

右側は私めの指先です;;この後段の上に登って、リビングをちょこっと覗いてから目にも止まらぬ速さでフェンスを越えて隣の空き地へ去ってしまいました。

折角いらしたんだからお茶くらい出したのに・・・。

この時リビングでかけてたBGM:平沢進師匠の「救済の技法」也。(※再発売版、高音質なのはいいけどボーナストラックの構成を工夫して欲しかったなあ;;;)

テーマ : 自然の写真 - ジャンル : 写真

タグ : 動物 写真 爬虫類

12:29  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.19 (Thu)

ぶち猫、まちぼうけ。

おかあさんは犬の散歩に行ってしまった。退屈なのである。どれ、お散歩方向に行ってみよう。

buchi2.jpg

・・・待ちくたびれた。日も翳ってきたし…早く帰ってこないかなあ。

buchi1.jpg

(※乗馬クラブにいる猫さんのある日の一コマでした♪)
14:30  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.28 (Sun)

乗りおさめ。-来年の抱負も-

usaponakuma.jpg

本日はまず、馬ネタから。
昨日は乗馬クラブの乗りおさめでした。
レッスン時かなり風が強かったのと、本当はマッキーがパートナー予定だったんだけれど不安要素があるので、乗りたい馬他にいますかー?とのご質問に迷わずペコー指名。といいますか、ペコーだとばっかり思ってたのです>私の乗りおさめ。もう1月以上乗っていないし、なんだかんだいって、この1年で上達したポイントがあったらそれはかなりの面、ペコーのお蔭だと思っているのであります;;

乗馬を初めて1年、半分くらいはペコーにお世話になっていると思います。あまり物事に動じないマイペースさで、誤った弱い指示には絶対に動かないかわりにきちんと指示さえすれば堅実に動いてくれるというペコーの絶対的な安定感に支えられていたからこそ、一年間凝りもせず続けてこれたのだと思うし(そのペコーで学んだ事を時折エイシン・パフで応用して活かすと言う感じ?)、凄くペコーには感謝しているので、乗りおさめはペコーで、多少上手く行かなくても頑張って…と行きたかったのでした;;
ただ、昨日ペコーはちょこっと片目のコンディションが悪くなっていたんで、午前中にもお仕事一鞍こなしてることに安心してないで、もっとペコーに配慮した方(自分の訓練にかまけるだけじゃなくて、ペコーの「声を聞く、会話する」練習をする)が良かった、という反省も;;輪乗りや方向転換無理にさせないで、ほかの馬のいない直線で速歩→止まる→速歩→並足…とか。それでも頑張ってやる気を「彼なりに」出してくれたペコー、配慮欠いてごめんなさい&乗りおさめにつきあってもらって、本当に有難う。感謝をこめて、いつもより声かけ多め、気合入れてお手入れさせていただきました;;ついでにおやつもいつもより多め;;

puriteire.jpg
see.jpg

上はやっぱりパートナー交代(やや強風不安につき;;)でN君予定からお休みになったプリン(代わりにN君はマッキーとリベンジ戦;;;)
下はシトラス先生。「あら、ぺコだけじゃなくて私から教わる事はなかった訳?」

はい、もちろんありました!なので、今年乗ったことから反省点を作って、来年の抱負などメモしておきたいと思います。

☆共通:
・拍車は今後、極力使わないでレッスンする。現状では馬ともう少し自分自身でコンタクトできるように心がけなければ!それに拍車などの道具に頼りきりになってしまうのが目に見えているため。
・手綱を持つ長さ(長く持ちがち、腕が緊張し易い)・脚位置・指示タイミングに常に注意。
・なんとかどの馬でも正反動を上手く→駈歩までいけるように…。

☆各馬
・ペコー:指示をしっかり・はっきり。成功したらこまめに誉める。相手が悪ければ注意する事に躊躇しない。とにかく速歩を維持させる。不安を覚えて他の馬などに寄って行かないように、自分がきちっとしたリーダーになる。
・シトラス:上手く行かないと力で押し切られる→馬のいうままにしないで、「自分がリーダー」とう気持ちを強く、しっかり指示に従ってもらうように。方向転換でいつも渋られるので、手綱による指示(押し手綱・引き手綱)をしっかりと。上手く譲りながら指示を出して、鞭を使う回数が減るように。
・エイシン:相手の好きなように(速くいきたがる)やらせない。速歩の時、主導権を取らせない。正反動が一番上手く行っている相手なので、パートナーになった時はやりこんでみる。
・プリン:性格が繊細な点に注意。極力最初の段階で落ち着かせ、なるべく小さな扶助で出せるように心がける。
・マッキー:とにかく、乗ることに躊躇しないこと;;指示を間違い続けると中盤で機嫌を損ねてしまうので、早めにいい扶助で気持ちよく走れるように。内包指示に注意。
・パフ:手綱と脚の使い方で軽くも難しくもなってしまうので、まずは手綱の基本を覚える。折り合いに注意。
・トム:大柄な馬なりの指示の出し方、脚の感覚を覚える。一度出した指示の維持はできる方なので一緒に覚えながらいろいろ成長するのもいいかも。

☆乗ったことない馬→ハーバー、アーズ(誰だ「二軍」って言ったのは;;;):乗ることがあるかどうかわからないけれど、機会があったら特にハーバーに乗った上級の人の動きをよく見てみる。(テンション上がる→下げさせる点、抑えるところなどなどなど)

以上、来年の目標をつらつらと。
…と言っても来年乗り始めは1月3日、調度いつもと同じ土曜午後なために、感覚としてはやっぱり一週間後ということに変わりなしっ。

クラブのスタッフの皆様、所属馬の皆様、一年間本当に有難う御座いました。来年も宜しくお願いいたします。

※さて、今年は乗馬日記をカテゴリの1つとしてやってきたのですが、来年上の抱負には書いていないナイショの大きな目標が出来たので、それはできるようになるまで「願掛け」として乗馬記事は封印、初期の記事も半分ほど削除いたしました。楽しみにして下さってた方、申し訳ありません&有難う御座いました♪
来年は花・風景などのネイチャー&民俗系の記事中心に更新していく予定です。
16:15  |  動物話。(馬・猫・鳥・犬など)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。