スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.11 (Mon)

Graham Thomasとjazz日和。

200905091345000.jpg

写真はイングリッシュ・ローズの中でも人気の高い「グラハム・トーマス」です。一方ならずお世話になっている方がjazzサックス(アルト)をされているんですが、その方の奥様がバラ育ての名人でして、毎年この季節になると、お庭がバラの香りでいっぱいに。で、後輩連中をお招き下さって、音楽聴いたり食事したりの「薔薇鑑賞会」を開いて下さるのです。それで今年もずうずうしくもお招きに預かった次第。今回はまだ半分ほどの咲き具合と仰っていましたが、このグラハム・トーマスは花も大輪で色合いも香りもとても素敵でした(写真イマイチで申し訳ありません;;)。

200905091346000.jpg

バラにアルトサックスの音、ジャズのメロディとリズムは存外似合うと思う。BGMは寺井尚子のアルバム「PURE MOMENT」や、自分たちで楽器吹いたりなどなどでした。楽しいひと時をありがとうございました♪
スポンサーサイト

テーマ : 自然の写真 - ジャンル : 写真

タグ : 薔薇 ジャズ jazz イングリッシュローズ

09:35  |  花言葉と季節の花  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.14 (Sat)

嵐の前の、春の花。

風が強くなってます。そんな嵐の前の静けさ、携帯写真の手ぶれご容赦;;
ちょっと曇りがかってきた近所の公園風景より。すっかり早春模様です。

ku4.jpg

ku3.jpg

ku2.jpg

ku1.jpg
00:32  |  花言葉と季節の花  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.01 (Thu)

本年も宜しくお願いいたします-福寿草写真-

2009年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

写真は「幸福」「幸せを招く」「永久の幸福」などが花言葉の福寿草。
暗い世相の続く時代をふっきって、今年こそ、幸多い年となりますようにとの願いを込めて…。

hukuzyu.jpg
21:19  |  花言葉と季節の花  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.26 (Fri)

今年のまとめ-花編―

クリスマスも終わって、後は歳末、大掃除の残りや年末年始の買い物、やりのこしたたまった仕事を急ぎ片付けなくては・・・という時期です。今年の春からブログをやり始めて、それを音楽系とこちらの写真系に分け…と、私のネット環境にとっては「ブログ使い染めの年」でもありましたが、ちょっと決算、今年総ざらえということで、今年撮った花々の中から何点かご紹介いたします。

まずは、早春を飾る野の花々。
2008hu0.jpg


巡礼のお寺と夢見草(桜)。
2008hu1.jpg


スイレンと小さなバラ。
2008huu2.jpg2008hu3.jpg


シャーレーポピー。下の写真は前に蜂中心にトリミングしたものの原画を再トリミングしたものです。デジカメ買い替えの記念すべき第一号写真でした。
2008hu6.jpg

2008hu5.jpg

明日別の風景でまとめをしてみます。
12:12  |  花言葉と季節の花  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.08 (Mon)

初冬の花壇。

一応は雪国育ちであるし、あんまり冬場の園芸用花というのには縁がありませんでした。学生になって関東地方に出るまで冬の花壇(プランター)がこんなに綺麗に色づくとは思っていなかったです。写真は前回エントリの乗馬日、クラブの花壇があまり素敵だったので思わず…。

puran1.jpg

周りの田んぼは冬枯れ、紅葉もすっかり終わりましたが、この小さな花々は初冬の日差しの中で輝いていました。どんな季節でも、花のある風景って和みます。

puran2.jpg   puran3.jpg
10:08  |  花言葉と季節の花  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.11 (Sat)

花言葉は「謙虚」「真実の愛」「初恋」など。

今回は携帯写真で、秋の花の代表の1つ、金木犀(きんもくせい)です。
他にも「謙遜」「真実」「陶酔」など。隣の駐車場敷地の生垣に何本も植わっています。窓を開けると素晴らしい香気。
kinmoku1.jpg

銀杏と同じように雌雄の株がありそれぞれ別木。日本に輸入された物は雄株で、今日本で見られる金木犀はほとんどが株分けで増えた雄株だそうです。どこかで銀木犀(ぎんもくせい)の雌株が実をつけた、という話題を見かけましたが、要するに雌株の木がないと実を結べない。それゆえ懸命に誇り高く香る花も、花言葉どおり「真実の愛」に結びつけることは日本ではほとんどなく、少し物悲しさも感じます。

kinmoku2.jpg
20:08  |  花言葉と季節の花  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。