スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.29 (Wed)

「1つの作品」を作る大変さ

kohana.jpg

今月一度、そして先月、一度ずつ観劇の機会があり、出かけてまいりました。写真は先月27・28日に上演された「演劇集団 呼華」様の『義経―儚きこと淡雪の如く―』のパンフと、前回上演作である「天草四郎」の劇伴CDです。(「天草四郎」劇伴概要 歌パート作詞・心観様 作/編曲・AZUMA様 歌・貴杏あずま様/行野綾様 サントラパート作曲/編曲・AZUMA様/藤弥様・・・敬意を込めまして。)

劇の方の感想ですが、これは演劇素人の自分には「凄い。力はいってる!」の一言でした。とても充実した三時間の上演時間、凄く色々刺激になったのも確かです。
振り付けの妙。科白回し。所作の間の取り方…演技全ての要素もそうですが、脚本や進行、小道具、演出効果一つ一つも合わさって「演劇」という1つの作品の出来上がり。観ながら上演に至るまでの大変さとそれぞれの要素、どれが欠けてもこうした芸術作品はできないのだなあ、と痛感しました。観ている側からすると当たり前かもしれないけれど、1つの作品を作るまでに積み上げられた要素とその妙からなる素晴らしさ、その裏の苦心って物凄いと思います。
※例えばこのパンフ等の装丁にしても、工夫をこらして作品世界を体現し、かつ目に止める人が興味を持ってくれるものじゃなきゃいけないわけで…この宣伝美術(劇中の振り付け指導/北条政子役も!)は私も本家サイトのFLASHやらバナーやらでお世話になっている雪月花舞の琴佳様の担当でしたが、こういう宣伝段階の作品1つとっても、既に「演劇」を形作る上でかかせない要素なのだと思います。

そして何より、音楽やってる自分にとっては劇中の音楽に嫌でも注目。限られた(指定された時間枠、どのような演技が入るか指定された中での)枠で曲を作るっていうのは凄く大変な作業な訳で、場面毎のイメージにマッチし、引き立てなければならない曲を作っていく作業が続くわけで。私も…ちょっと今は多忙でオリジナル作成は受けてませんが…何曲か指定を受けてBGMを作った時は、普段自由なイメージでフリー素材用の曲を作る時と確かに「生みの苦しみ」は一緒だけど、もう四苦八苦状態。フリー素材の方って出来上がったら「お客さまのご自由にお使いください」と、ある種の放任が効く点、まだまだ気楽です(語弊があるかもしれませんが;;)。そんなことを思いながら劇中歌・曲を聴いて、「ああ、やっぱり大変だったんだろうけど、いい物を作られたんだなあ…」と感銘。自分もも少し頑張らなければ、と思った次第です。
帰りに未見だった「天草四郎」のCDを購入して聴きましたが、ストーリー概要からどんな雰囲気の物語だったんだろう、とか想像するのが楽しかったです。けれどライナーノート拝読する限り、やはり凄く考えて、頑張ってお作りになられてるんだなあ…。嗚呼、これに刺激受けてマジで頑張れ自分!!

明日あたり、別記事で今月観た劇について。実はこちらとは別個の感想を持ったもので…

☆「演劇集団 呼華」様及び「雪月花舞」様へのリンクは→からどうぞ♪
最後に、今回の劇を作り上げた皆様に今一度感謝と敬意を込めてまして。
「遅ればせながら、有難う御座いました!」
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ : 演劇 サントラ BGM 作曲 フリー素材

14:02  |  音楽鑑賞&感想・ライブ&コンサート等  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.26 (Tue)

アジアの獅子舞in六本木ヒルズ

usapontukimi.jpg
知り合いが出演した関係で、8/22(金)の「六本木ヒルズ盆踊り」前夜祭に行って参りました。この前夜祭で行なわれるのメインアトラクションが『楽劇・六本木楽』。狂言師の故野村万之丞氏が再生した日本古来の芸能「真伎楽」と、市民参加で行われる「大田楽」を融合した六本木ヒルズオリジナルの演目なんだそうです。アジア系の舞楽もオンパレードで乗っかって、御馴染みガムランに乗せてのバリのバロンの舞や珍しい韓国の道化的な獅子舞、日本の風流系(ささら)+伎楽系の獅子舞も合わせ、順番にそれぞれの演舞と見せ所→最後はオリジナルの曲に乗せての出演者勢揃いの賑やかな乱舞でクライマックス。
残念なことに途中からしか見れなかったんですが、最後の獅子3体揃い踏みと全員参加の踊りは場内も最高潮。時間が40分程と短かったのが残念でした;;

けれど、バリや韓国の珍しい伝統楽器を間近で見れたのは眼福でした♪まだ不勉強で獅子舞やこうした舞楽のルーツがどうであるかとかよくわからないのですが、今ある物をこうした新しい形で融合させる試みって凄く面白いと思います。

というわけでピンボケでよくわからないけど雰囲気だけでも・・・;;クライマックス近く、右からインドネシア・韓国・日本、アジアの獅子トリオ・勢揃い。

sisi2.jpg

にしてもこの日は寒かったです。半袖で行って風邪引きそうに;;
(8/26、訂正再編集)

テーマ : 伝統芸能 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 民族音楽 伝統舞踊 ワールドミュージック 獅子舞

17:24  |  音楽鑑賞&感想・ライブ&コンサート等  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。