スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.31 (Fri)

今年聴いたCDから・2~国内アーティスト・サントラなどなど編

それでは昨日のうちに書けなかった今年リピートして聴いたCDのうち、国内のアーティストやサウンドトラックなどなど(要するにワールドミュージック系統以外)のものなぞご紹介いたします。これ見ると今のuminekoの趣味がだいたいわかるかも・・・。またまた新旧ごった煮です。

サントラ総合:「栗コーダーカルテット アンソロジー(栗コーダーカルテットのベスト的作品集)」「草の乱(同名映画サウンドトラック/Deep Forest)」「空ノ色(ミュージカル「空色勾玉」サウンドトラック/zabadak)「風の丘を越えて 西便制 オリジナルサウンドトラック(同名映画サウンドトラック/オ・ジョンへ他)」「歴史秘話ヒストリア オリジナルサウンドトラック(NHKの同名番組サントラ/梶浦由記)」
※Deep Forestは新情報少ない・・・しくしく。

・アニメーションのサントラ等:「忘却の旋律オリジナルサウンドトラック(桑野聖+周防義和)」「noein original soundtrack1&2(七瀬光)」「蟲音 前(「蟲師」オリジナルサウンドトラック/増田俊郎)」「ハネノネ(「灰羽連盟」オリジナルサウンドトラック)」「天馬の血族音楽絵巻(コミック「天馬の血族」ドラマCDサントラ盤/上野洋子・伊藤真澄他)」「シャーマニックプリンセス OST1・2(周防義和)」
※アニメといって馬鹿にするのは間違いなのですっ。「天馬の血族」はスタッフが無茶豪華です。これで上野+伊藤のデュエットの良さを知ったなあ。

・邦楽系(日本系ワールド)昨日のつけたし:「BETWEEN the LINES(17弦筝・筝によるオリジナルポップス/川村昌子)」「沢村忠夫 筝作品集3(同アーティストのオリジナル筝曲作品集)」
※新曲も良いものが多いです。川村さんのは廃盤なのが残念。初心者の方にお勧めなんだけど・・・。

・インスト・ヒーリング:「東方弦聞録 Fiddler's Philosophy(桑野聖オリジナルアルバム)」「Nature-relaxation japan-/Nature2-japanese FEMALE ARTIST-(宗次郎・白鳥英美子・溝口肇・タブラトゥーラ他) 」
※ここまで書いてて改めて周防義和・伊藤真澄(七瀬光)率の高さに気がついた;「東方~」は周防氏プロデュース、「Nature」にはどっちも伊藤氏が「Heart of air」名義で参加してます。

・POPS系:「平行世界/signal(zabadak)」「CARPE DIEM (tomo the tomo carpe diem)」「イーラ・オブ・クイーンズ(origa)」「変弦自在/SWICHED-ON LOTUS(平沢進)」「Harmonies of heaven(伊藤真澄)」
origa、「攻殻機動隊」で歌ったやつをまとめてアルバムにできないかしら;;師匠の「SWICHED ON~」は追悼アルバムで、とっつきにくい向きはあるけど、ファンなら聴かないと損な名盤です。

・番外編 「スネークマン・ショー」
今聴いても結構面白い♪リアルタイムは凄く盛り上がったんだろうな。

このほかにもまだまだ聴いたり動画チェックしたりしたんだけど、この辺で終わり。来年もいっぱい聴くぞ。

それでは、どうぞ良いお年をお迎えください♪

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ワールドミュージック サウンドトラック サントラ BGM

11:14  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.30 (Thu)

今年聴いたCDから・1~world Musicづいてました

今年も早いものであと二日を残すところになりました。今年聴いたCDと言えば、大雑把に民族音楽・world、トラッドがキーワードとなるジャンルが多かったです。その中でも自分的にこれは今年出会って特にヒットだったと思えるもの・リピートして聴き続けているお気に入り定番のものをまとめてみました。新旧問わず、外れの少ないworld当たり年でございました♪

・VARTTINA「KOKKO」,etc
フィンランドのトラッド・ポップ・グループ。フィンランドの伝統音楽を、これまた伝統の楽器に乗せたアレンジの良さもさることながら、何といってもそれを歌い上げる女声コーラスの軽やかさ+力強さが魅力。

・WUYONTANA「KHORCHIN」「天の壁」
内モンゴルのホルチン地方より来た歌姫であった方。歌を離れてもお元気でいらっしゃることを願います。日本で出されたこの2枚のアルバムと、必死こいて集めたシングルカットされていない曲の数々は宝物です。

・YANNI「ETHNICITY」「DARE TO DREAM」,etc
amazon等ではニューエイジ・ポップスの括りになってますが、それを飛び越えた幅広い音作りで、ここ暫くはworldを強く意識した作品の多いyanni。ドキュメンタリーなどのBGMで結構使われてますので、「これ聴いた!」という方も多いのでは。どの時期の作品もお気に入りです。今更ながらですがお気に入りのライブ動画から「ワールド・ダンス」をご紹介。一番下参照です。

・Sacred Spirit 「 Chants and dances of the native Americans」
Claus Zundel(クラウス・ズンデル)によるプロジェクト(ちなみにクラウスは現在、EnigmaのMichael Cretu(マイケル・クレトゥ)同様、スペインのイビサ島に住んでいるそうな)。ワールドにクラブミュージック、クラシック等様々な音楽要素を盛り込んで、独特な音を作り上げている。このアルバムは正にネイティブ・アメリカンの世界観をトラディショナルと多様な音の融合で描き出したもの。

・FIDDLER'S BID「DA FARDER BEN DA WELCOMER」「NAKED&BARE」
スコットランド北東部シェットランド諸島のトラッドを芯の強い音で聴かせてくれます。シェットランドはフィドル奏者が多く、このグループの柱も4人のフィドラーの合奏。フィドル自体はアイルランド~北欧まで広く使われているけれど、シェットランド独特の構成をこのグループの演奏で楽しむのも良いかと。

・東アジアの雅楽・・・ベトナム・日本・韓国などのCDいろいろ
特に正倉院の復元楽器・ハープに似た竪琴の 箜篌(くご)の曲集、「甦る古代の響き 箜篌」がツボでした。

他、今年フォルクローレやブリテンのトラッド系などなど。英トラッド界の大御所・Martin Carthyやそのファミリー、プロジェクトのが一番動画で観る頻度高かったです。


↓と言うわけで、キーボードの人がYANNI氏。もはやダンス通り越してバトル(笑)だけど、こういうノリは大好きです。




それでは時間があったら、今日中に2に続く;2は国内アーティストやサントラなどを紹介予定。

blogram投票ボタン

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ワールドミュージック 民族音楽 トラッド 伝統音楽

12:28  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.24 (Thu)

オムニバスアルバム「TECHNOPOP Xmas」。

こちらはお久しぶりの更新です;;
今日はクリスマス・イヴということで、ライブの簡単レポートは後回しにして最近購入して気に入ったクリスマスソングのオムニバス集などをご紹介。「for winter music Lovers~TECHNO POP Xmas」と銘打たれた、80年代~90年代の冬・クリスマスをテーマにしたテクノポップを集めたちょっと癖あるアルバムです。ラインナップは坂本教授の「戦メリ」アレンジから賛美歌、アイドル風のポップ調曲までいろいろと収録。オムニバス特有のごった煮感はありますが、そこはそれということで。

tec.jpg

以下が曲のラインナップです。
1. ジングル・ベル/ザ・エレクトロ・サンタクロース (初CD化)
2. 戦場のメリークリスマス/Aira Mitsuki
3. 降誕節/戸川純
4. I wish you a Merry Christmas/安西史孝
5. 東京クリスマス/電気グルーヴ
6. Christmas in the air/PSY・S
7. ドアを開ければ……/高橋幸宏
8. EXIST/SOFT BALLET
9. アフリカのクリスマス/平沢進with島崎和歌子
10. 戦場のメリークリスマス/ロジック・システム
11. 絵本の中のクリスマス /野宮真貴
12. スプーン一杯のクリスマス/ムーンライダーズ
13. 25 Dec. 1983/細野晴臣
14. I wish it could be Christmas everyday/鈴木さえ子

えー、まず個人的に・・・「企画の方、PSY・Sとソフトバレエ入れてくれて有難うっ!!!」
(聴いてて「そーいや自分、平沢進というかP-MODELよりも早くこの二つに思い切りハマってたんだよなー」と今更ながら気がついた;;学校で話合う友達いなかったもんなあ・・・)

若かりし島崎和歌子さんが平沢師匠の音にのっけて歌う「アフリカのクリスマス」のノリのよさや、「玉姫様」発売前の初ソロという戸川純の「降誕節」(お馴染みの賛美歌ですが、もう純ちゃんが歌うだけで最強っす)、それぞれカラーの違う戦メリアレンジやそこは流石な晴臣さんとか、ラインナップ見るだけでも凄い。テクノポップが隆盛極めた時代の黄金メンバーが揃ってる訳でもありますが、あのころに帰るつもりで聴くもよし、好きなアーティストのを聴くついでに他の面子のを聴いてハマってみるのも良し。かなり「こりゃ時代が早かったな」感たっぷりな曲もありますので、若い向きにも聴いて損はないと思いまする。

多分我が家、今日明日はこれがBGMになるでしょう;;
(amazonで試聴あり。ソニーミュージックエンタテイメント MHCL1629 定価2,100円)

テーマ : お薦めテクノ レコード&CD - ジャンル : 音楽

タグ : クリスマス クリスマスソング テクノ BGM

13:41  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

平沢進鑑賞記・1.

usapontukimi.jpg

(2/15 元々「ちょっと宣伝~」と同じエントリだったんですが、再編集したら長くなったので分けて書きます;;)

さて、風邪こじらせてブログサボってる間に何してたかと申しますと、家の仕事とか知人に頼まれたパソ仕事とか春からどんな犬飼うか家族と相談・激論や(やっと念願の犬を飼えることにっ♪)作曲をちまちまとか(1曲も出来てないし…)それから平沢進師匠にハマっておりました。ただ今「千年女優」のエンディング「ロタティオン」とアルバム「白虎野」、リピートしとります。あ、「カムイ・ミンタラ」も好き(そしたら以前の記事でヒカシューの巻上公一大先生のことも持ち上げてたのを読んだ友人に「ちょっとお前の頭の中見せてみろ」と言われた。けど「P-MODEL」のアルバム貸して私を平沢楽曲にハマらせたのもこの友人だ;;)。

平沢進氏についてあまりディープに知らない、というアニメソングファンでも「剣風伝奇ベルセルク」挿入歌として使われた「Forces」(アルバム「オーロラ」収録の「舵を取れ」リメイク曲)のカッコよさは記憶に残っている方も多いのでは。ベルセルクのゲーム版サントラやテーマの担当されておられます。
あと、wikipediaの項目なんかに詳しいですが、98年以降の曲は著作権管理団体に委託してないんで(そうした団体のやり方に反発して)直接オフィシャルサイトでアルバムやmp3をDL販売、さらに現在アウトテイク曲やらこれから発売のアルバムからセレクトして無料DLも可能という大判振る舞いは凄い。

まず一聴、「これ、なんだ?」と首を捻ってしまう歌詞もメロディも音使いも、二度三度と聴いていくうちに音の洪水にハマり、メロディラインにハマり、そして歌詞を追いかけ自分もパラレルな音楽空間にはまっちゃう。そんな一癖二癖どころじゃない平沢音楽ですが、個人的お気に入り曲感想は次にでもご紹介。
とりあえず入門編としてはアルバム「映像のための音楽平沢進サウンドトラックの世界」をお勧め致します。収録曲は以下の通り。
1:デトネイター・オーガン(同名OVA作品テーマ曲)
2:カムイ・ミンタラ(カムイ・ミンタラ~嶋田忠・森のメッセージ)
3:ロタティオン(LOTUS-2)(劇場用アニメ「千年女優」エンディングテーマ)
4:NATION-F(未発表曲。発売中止になったゲームのテーマ)
5:INDRA(ゲーム「ベルセルク」千年帝国の鷹編 喪失花の章 サウンドトラック)
6:夢の島思念公園(アニメ「妄想代理人」オープニングテーマ)
7:Sign(ゲーム「ベルセルク」千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章 サウンドトラック)
8:白虎野の娘(劇場用アニメーション「パプリカ」エンディングテーマ)

というわけでオフィシャルサイトはこちらです。もう曲の管理権限がアーティスト本人のところにあるという自由さで、動画サイト等であまり著作権を気にすることなくUPして共有する事もできている稀有なケースですが(その辺の規約についてはオフィシャルに書いてあります)、参考までにどうぞ。

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : 平沢進 音楽 P-MODEL サウンドトラック

13:34  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.27 (Wed)

年経て深まる歌。

usaponteretere.jpg

ついにこっちにも公式系bookmarkのコーナー作っちゃいました。真っ先に乗っけたのが、こないだ見つけたMartin Carthy(マーティン・カーシー)とそのファミリー、他の音楽仲間とのユニットなどなどの各種活動を網羅したオフィシャル・サイトです。最初にエントリ書いた8/6からますますハマってしまっています。
オフィシャルなんで当然全部英文ですが比較的平易だし、何よりyoutubeにアップした最近のライブ活動が見られるのが嬉しいです。・・・このオフィシャルサイト発見前にも、1965年録音の1stソロアルバム聴いてハマった後、欧米のファンの皆様がアップした動画など鑑賞しておりましたが、1st出した若かりしころと比べて遜色ない・・・というか、当時のような若さという艶はなくても、それを凌ぐ魅力があります。ずっと歌い、弾いて来たのが年経て熟成し、ますます深まった印象の歌声に、アーティストとしての歴史を感じました。年輪を少しずつ刻んで、揺るがぬ幹を作り枝を大きく広げて伸びつづける大樹のような感じの魅力に今ではすっかり魅了されております。(youtubeでMartin Carthyのワードを入れると結構出てくるです。庭でギターの弾き語りをしているのがお気に入り。ギターワークと歌の教室的なフィルムまでありました;;)
あんまり日本で知られてない人なので、ハマっちゃったものとしては動画をまずは一見オススメ致します。ファミリーでのユニット・仲間達とのセッションも良いですよ。

マーティン・カーシー/物知らずな私が8月6日のエントリで、「スカボロー・フェア」の4つのハーブのフレーズについて調べてて行き当たった、ブリティッシュフォーク、トラッドの超大御所。元々英民謡であった「スカボロー・フェア」を自身でアレンジしたものを渡英してきたポール・サイモンとボブ・ディランに教えて、そこからさらにアレンジされそれぞれヒットしたのが、サイモンとガーファンクル版の「スカボロー・フェア」と、ボブ・ディランの「北国の少女」。)
念のため、公式サイトはこちらです。

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : マーティン・カーシー フォーク 民謡 スカボロー・フェア ブリティッシュ ワールドミュージック

13:54  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.21 (Thu)

ハマるきっかけは意外なところに。

usapontukimi.jpg
カテゴリを「アニメのサントラ」にしようとして迷ったけれど、取り合えず作曲家のことを書きたかったので、こちらに。今を去ること10と2年前、CLAMPの「X」が映画化されたのを友達と観にいったのですが、当時は原作自体読んでなくて困った;;ストーリーで覚えてることといったらちょっと流れが急ぎすぎだったり間延びしてたりで内容つかみ辛かった、ということ(これに関しては別記事にて、改めて;;;)。ただサントラ担当の清水靖晃氏の東京破壊をイメージした強烈で退廃的なSax使いはGoodでございました。
この映画公開に前後して、原作版に基づいた敵味方総勢14人のドラマCDが発売されたのですが(「Xキャラクターファイル」全7巻)、予習として参考までにと映画を一緒に観た友達にそのうち一枚借りて聴いたのですが、ハマりました。
・・・「音楽」に(笑)。菅野よう子さんがそのCDで音楽を担当してて、もう見事にハマっちゃいました。菅野さんの曲聴いたの、これが初だったんです。で、菅野さんが全14曲中他にも数曲担当していることがわかったので、サントラだけのアルバムって出ないかなあ、と思ってたらきちっと出てくれました、それも物凄い面子が担当。
で、担当内訳:
譲刃、火煉、昴流、嵐→菅野よう子(言わずもがなだけどオフィシャルサイトご紹介)
神威、那タク(「たく」が文字化けするのでカナで。)、颯姫→溝口肇(一応オフィシャルサイトご紹介
空汰、征一狼→長岡成貢(オフィシャルサイトはこちら。トップから音鳴るのでご注意。)
星史郎、封真→福岡ユタカオフィシャルサイトはこちら。「え、これもこの人が?」と驚く曲も。)
遊人、牙暁→保刈久明(オフィシャルが見つからなかったのでwikiから。これ以外にも多くのお仕事。)
草薙→周防義和オフィシャルサイトはこちらblogの記事も面白いです。)

贅沢な面子を贅沢に使ってて、しかもどのアーティストもちっとも気を抜いた仕事をしてない超お得アルバム。特にお気に入りなのは菅野さんの可愛い感じでティンホイッスルを主旋律にした「譲刃」と、最初に聴いた女声コーラスと羽ばたくような感じの躍動感が印象的な「火煉」、それに福岡ユタカ氏が自由に作ってる感じの2曲。特にエスノ系の「封真」が良いです。ストリングス系の曲は溝口さんの「那タク」の透明感が好きです。周防さんは映画畑の人だとばっかり思ってたので、さり気に混じっててこれまたびっくり(「シャーマニックプリンセス」のサントラ聴いてさらに衝撃受けたのはこの翌年)。これだけ豪華なメンバーは今揃えられるかな、と言う感じです。時代がらでしょうか?今は廃盤ですが、アマゾンのマーケットプレイスで1円からっていうのを目にしたりしますので、ご興味のある方、どうぞ。
で、このアルバムの参加アーティストに興味持ち始め、芋蔓式に好きなアーティスト・歌手が増え、ついでにCDの出費がかさみ(泣)という時代が暫く続きました。
ちなみに、映画版サントラ担当の清水靖晃氏のオフィシャルはこちら

末筆ながら・・・
「X」及びCLAMPファンの皆様、邪道な楽しみ方して申し訳ありません。平身低頭;;;

テーマ : アニソン・キャラソン - ジャンル : 音楽

タグ : 清水靖晃 菅野よう子 溝口肇 長岡成貢 福岡ユタカ 保刈久明 周防義和 アニメ サウンドトラック

11:15  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。