スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.17 (Mon)

天狗様に祈る炎(晩秋秩父・1)

土曜午後から短い旅に出てきました。出かけることの多い秩父地方、旧荒川村。毎年11月の第3土曜日の夜、白久地区の原耕地で行なわれる「原の天狗(てんごう)祭」の様子です。

「天狗」と書いて「てんごう」。元々山の神、天狗様をお祭りする子供による子供の為の行事で、「天狗小屋」を櫓のように組立て、日中はお籠もりし、遊んで楽しんだ後、夕刻に小屋に点火、1年の健康と安全を皆で祈願します。

tenkou0.jpg

写真で周囲に人が集っているのがかすかにおわかりかと思いますが、写真は三枚とも、櫓が次第に燃え落ちていくところ。
クライマックス、火がともされ、小屋材料の竹のはぜる音と共に火の粉の柱が勢い良く夜の空へと立ち上ります。その火の柱の様子をお見せできなくて残念。白久駅から歩いて十分ほど、道路沿いに会場内の小高い丘から上る火の粉でできた柱は本当に大きく、美しいものでした。

この子供の火祭り「天狗祭」ですが、昔は荒川のそこかしこで行なわれていたそうですが、現在残っているのはこの「原の天狗祭」のみに。しかもこの原の櫓はかなりの規模のもので、今は大人の参加が多いのですが…。

tenkou1.jpg

当日泊まった宿の方にお伺いすると、昔は子供たちそれぞれに縄張りがあって、そこでほとんど子供たちだけの力で小さく小屋がけして祭りを楽しんでいたとのことです。(定かでは無いが、子供の無病息災を願うということもあり、時節柄七五三にあわせて行なっていたかもしれない、とも仰っていました)。原のものは少子化のため子供より大人の参加や作業の手が多くなった現在でも、大事な伝承の保存のために、大規模なものにしているのでは、とも。

tenkou2.jpg

だんだん火が小さくなって、祭りは終わりに近づきます。最近少子化に加えて火災予防などのために祭りを取りやめたところもあるそうです。

sasara1.jpg

さて、こちらはまた別口の祭りで奉納されるもの。続きは明日の更新ででも…。
関連記事
12:34  |  郷土史・民俗(祭り/民俗芸能/伝承など)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。