スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.18 (Thu)

日本海、これからの季節。

こちら(太平洋側)に出てきて驚いた事は、「冬場でも良く晴れている時の太平洋は、波涛が黒く蒼く輝いていて、凄くきらきらしていた」ことでした。
育った場所が日本海沿岸なので、厚い雲の垂れ込めた、灰色がかった海の風景を見るのが殆どでした。以下、蔵出しですが、新潟県北部沿岸。

umi1-1.jpg

調度雪の晴れ間ですが、風も波も強くて、浜辺に置いたままの漁船も波風のうちつけるままに。水平線も空の灰色に溶け込んで見えます。

umi1-2.jpg

一種、次に巡る春の海の優しさとは全く違い、ひとを寄せ付けない怖ささえ感じます。

umi1-3.jpg

中央にうっすらとかすんで石油プラント。
夏場と違ってぼやけて見え、海がプラント、さらに北にある粟島などと陸との距離を引き伸ばしているようにさえ見えました。
いずれにせよ、荒涼とした風景です。
関連記事
15:51  |  四季折々の自然・風景  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。