スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.30 (Thu)

今年聴いたCDから・1~world Musicづいてました

今年も早いものであと二日を残すところになりました。今年聴いたCDと言えば、大雑把に民族音楽・world、トラッドがキーワードとなるジャンルが多かったです。その中でも自分的にこれは今年出会って特にヒットだったと思えるもの・リピートして聴き続けているお気に入り定番のものをまとめてみました。新旧問わず、外れの少ないworld当たり年でございました♪

・VARTTINA「KOKKO」,etc
フィンランドのトラッド・ポップ・グループ。フィンランドの伝統音楽を、これまた伝統の楽器に乗せたアレンジの良さもさることながら、何といってもそれを歌い上げる女声コーラスの軽やかさ+力強さが魅力。

・WUYONTANA「KHORCHIN」「天の壁」
内モンゴルのホルチン地方より来た歌姫であった方。歌を離れてもお元気でいらっしゃることを願います。日本で出されたこの2枚のアルバムと、必死こいて集めたシングルカットされていない曲の数々は宝物です。

・YANNI「ETHNICITY」「DARE TO DREAM」,etc
amazon等ではニューエイジ・ポップスの括りになってますが、それを飛び越えた幅広い音作りで、ここ暫くはworldを強く意識した作品の多いyanni。ドキュメンタリーなどのBGMで結構使われてますので、「これ聴いた!」という方も多いのでは。どの時期の作品もお気に入りです。今更ながらですがお気に入りのライブ動画から「ワールド・ダンス」をご紹介。一番下参照です。

・Sacred Spirit 「 Chants and dances of the native Americans」
Claus Zundel(クラウス・ズンデル)によるプロジェクト(ちなみにクラウスは現在、EnigmaのMichael Cretu(マイケル・クレトゥ)同様、スペインのイビサ島に住んでいるそうな)。ワールドにクラブミュージック、クラシック等様々な音楽要素を盛り込んで、独特な音を作り上げている。このアルバムは正にネイティブ・アメリカンの世界観をトラディショナルと多様な音の融合で描き出したもの。

・FIDDLER'S BID「DA FARDER BEN DA WELCOMER」「NAKED&BARE」
スコットランド北東部シェットランド諸島のトラッドを芯の強い音で聴かせてくれます。シェットランドはフィドル奏者が多く、このグループの柱も4人のフィドラーの合奏。フィドル自体はアイルランド~北欧まで広く使われているけれど、シェットランド独特の構成をこのグループの演奏で楽しむのも良いかと。

・東アジアの雅楽・・・ベトナム・日本・韓国などのCDいろいろ
特に正倉院の復元楽器・ハープに似た竪琴の 箜篌(くご)の曲集、「甦る古代の響き 箜篌」がツボでした。

他、今年フォルクローレやブリテンのトラッド系などなど。英トラッド界の大御所・Martin Carthyやそのファミリー、プロジェクトのが一番動画で観る頻度高かったです。


↓と言うわけで、キーボードの人がYANNI氏。もはやダンス通り越してバトル(笑)だけど、こういうノリは大好きです。




それでは時間があったら、今日中に2に続く;2は国内アーティストやサントラなどを紹介予定。

blogram投票ボタン
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ワールドミュージック 民族音楽 トラッド 伝統音楽

12:28  |  音楽鑑賞&感想・お気に入りアーティスト  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。