FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.23 (Tue)

ワールドミュージック、異種融合。

usapontensi.jpg

現在、前に書いた既成素材曲「朝凪」「朱鷺夢幻」などの直しをしております。昼からの大掃除に向けての最後の「サボり」時間中…;;さて、サボりタイムついでに、最近のお気に入りなどを…。

初夏ごろからマイブームなブリティッシュトラッドですが、「公式系ブックマーク」のところに既にその大御所マーティン・カーシーとそのファミリーの公式は張っておりましたが、そのサイト「Waterson」内のマーティン紹介ページに上がっているyoutubeのライブ動画…
シタールに始まっていきなりインド系!え、これってブリティッシュじゃないのかー!という感じだけれど、聴いていけば見事な異種折衷。曲名は「Cold Haily Rainy Night」。実はトラッドからロックまで、色々なバックグラウンドを持つミュージシャンによるプロジェクト「The Imagined Village」によるライブ映像でございました。ものはついでとばかりに、公式系ブックマークの2番目にそちらもリンクしました;;サイトに入って左側のアイコン「オーディオ/ビデオ」をクリックすると、何点か視聴用ビデオが出てきます。詳しくはそちらをご参照の程を。右側アイコンは参加アーティストのプロフィール。
これだけ異種混合戦みたいなのをやって、力技だろうがやっちゃえる、聴かせちゃえるってのがまず凄い。こちらとは別に、秋にBSで放送されたオーストラリアのジャズドラム奏者サイモン・バーカーが自分の音楽観を変化させるきっかけにもなった韓国の伝統音楽の人間国宝の元へと旅して、最後に旅の途上で出会ったパンソリの名人とセッションやる映像も観たけど、あれも凄かった。パンソリの声色が何の違和感もなくトランペットとコーラスしながらジャズの世界と融けていく感じ。凄く心地よかったです。(サイモンの学ぶ姿勢の謙虚さも、潔くカッコよかった♪)
こういうワールドミュージック同士の融合をやっても、日本のアーティストのを聴いた範囲だと相手の領分に合わせちゃうパターンが多いような気がします。もちょっと大胆になってくれてもいいのに、と思ったりすることも度々な昨今です…;;
関連記事

テーマ : ワールド・ミュージック - ジャンル : 音楽

タグ : 民族音楽 トラッド ジャズ パンソリ ブリティッシュ

12:15  |  音楽鑑賞&感想・ワールドミュージック  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。