FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.15 (Sun)

ピアノ猫。

は割とうるさがりで、大きな音を好まないんですけれど、これはうちの実家の場合の話です。
今日の記事はちょっと想い出話です。

ieneko5.jpg

写真は以前実家にいた「にゃんすけ」on the ピアノ。鍵盤のところ閉じてるんですけど、そこが開くのを待ってます;;

「早く蓋開けてな。名曲聴かせてやる。」

家族がピアノ講師やってたり、私と妹も習ってた関係で結構頻繁にピアノが稼動している家でしたが、まず鍵盤に乗ってきたのが「ちょび」「ちゃこ」母娘。楽譜におこすのも不可能な不協和音の名曲を奏でてくれてました。それから「ちゃこ」の娘の「花子」(フリー素材曲「しっぽのダンス」のモデルになってくれた女王様。本館の素材曲ダウンロードページに写真があります)。これまた人間様の耳には前衛的な名旋律を奏でてくれて感激の至り。その後飼ったも全部鍵盤に乗るの平気でしたっけ。

気ままなトコが可愛いと言われれば確かに、と返さざるを得ないの行動。しかし全て、人間がピアノ練習しているときだというのが小憎らしいのでした。
関連記事

テーマ : 音楽的ひとりごと - ジャンル : 音楽

タグ :  ピアノ 音楽

11:00  |  その他、音楽よしなし。  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。