スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.31 (Thu)

受け継がれたのは・・・?

usaponballerina.jpg

「馬(動物)好きの魂!」・・・なんて競馬中継風に;;

昔、母の実家では、ホンモノの「馬」を飼っていました。
今は亡き母方祖父が、脚を痛めて処分されかかっている馬を、まだ十分生きられるとして引き取って、他の家畜と一緒に飼育していたそうです。

母の思い出話だと、少なくともサラブレッドよりは小柄だったとか。

その馬は愛玩目的で飼われましたが、当時は寝藁は飼料も容易に入手でき、あまりコストはかからなかったようです。また祖父が動物好きだったということもあるのでしょう、きちんと世話もされていたようです。

さらに、周りにも馬がいる環境というのが当たり前のころでした。舗装されていない道で荷を運ぶ主役は、母が子供のころは、まだ馬達でした。当然母のうちの前も未舗装、材木などを運んで行き交う荷車も馬達が引いていました(こちらは小さい頃、祖父に直接聞いた覚えあり。)
・・・埼玉の皆野町に峠越えの馬の供養碑が立っているところがありますが、「馬」の字の下の点々、4つあるのが3つしかありません。解説を読むと、

「馬は働き者で、4本の脚のうちいずれかの1本を、常に地面から離しているから」という注釈がありました。昔から人間は、馬にはお世話になりっぱなしですね;;

そうして時を経て、祖父が馬を可愛がっていたのが巡り巡って、私も馬好きになり、いい馬達にめぐりあい・・・という幸運に恵まれています。
うーむ・・・もっと祖父を見習いたいものだと、思う日々でございます;;

macky1.jpg

「じゃあ、とりあえず人参下さい」(byマッキー)
関連記事
16:15  |  郷土史・民俗(祭り/民俗芸能/伝承など)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。